スイス
スイス(3)

スイス連邦(Switzerland)
4.1万平方キロメートル 842万人(2016年時点)
首都 ベルン
言語 ドイツ語、フランス語 等

スイスの旅(3)
アルプスの最高峰「白い山」

(第5日目)

 朝6時に起床し、朝食後ホテルを7時過ぎに出発して徒歩でツェルマット駅まで行き、電車で約12分、テッシュ駅に到着した。その後バスで3時間30分かけてフランス東部のシャモニーに到着した。
01.jpg
車中より見るシャモニー郊外の村
02.jpg
美しい山と湖

 シャモニーはモンブランから続くモンブラン山群のふもとの渓谷の町で、日本での名前がシャモニーと示されている。
03.jpg
山や花が素敵なシャモニー
04.jpg
シャモニーの街角にて
 標高4810m、ヨーロッパの最高峰モンブランは山登りが好きな人なら一度は自分の目で見てみたい憧れの山であり、ヨーロッパの最高峰で、その麓に広がる町がシャモニー・モンブランである。
05.jpg
観光客で賑わう通り
06.jpg
バルマ広場

 町の中心にバルマ広場があり、1786年に初めてモンブランの登頂に成功したジャック・バルマと、バルマの後援者であり地質学者のソシュールの銅像が建立されていた。
 そのモンブランを間近に見られる絶景の展望台には、シャモニー・モンブランからロープウェイを使っていくことができ体力に自信のない人でもラクラク登頂できるとあってヨーロッパの人には人気のスポットである。
07.jpg
バルマとソシュールの像
08.jpg
ロープウェイ乗り場
09.jpg
モンブランの案内図

 我々は、ロープウェイ駅から8分かけて中間駅のプランド・デキュ・エギュイユで乗り換え、さらに約8分でエギュイ・デュ・ミディに到着した。
 そこからエレベーターで3842mの展望台へ。頂上の展望台からは、白銀のモンブランや4000mを越える美しい山々が見渡せ、眼下にはシャモニーの町並みがまるでヨーロッパの絵本に出てくる風景そのままで、見上げても見下ろしても素晴らしい眺望を満喫した。
10.jpg
プランド・デキュ・エギュイ
行きのロープウェイ
11.jpg
上空から見るシャモニーの町並み
12.jpg
ロープウェイからの景観
 見渡す限りの峰々は、かつてみたことのない絶景にただただ感動した。
13.jpg
山頂テラス3842からの景観
14.jpg
ミディ針峰を見上げる

 ミディ針峰の上に建つ展望台に行くエレベーターに乗るため並んでいたら同行していた方が突然気持ち悪いと訴えた。高山病である。私もそれを見ていて気持ち悪くなり、ガイドさんに言ったら、深呼吸を何回もしなさい。それとチョコレートを食べてくださいと言われたので食べたら、気持ち悪い症状が取れてきた。チョコレートには凄い力がある(笑)
 ともかくエレベータ―でミディ針峰の上に建つエギーユ・デュ・ミディ展望台に上がった。
15.jpg
エギーユ・デュ・ミディ展望台をバックに
16.jpg
エギーユ・デュ・ミディ展望台

 エギーユ・デュ・ミディは「正午の時計の針」という意味を持つフランス・アルプス山脈の山で、1955年に頂上までのロープウエイの建設が完成した。
 エギーユ・デュ・ミディ展望台からの景色は素晴らしく、晴天のブルーと一面の真っ白な雪のコントラストは最高である。
17.jpg
エギーユ・デュ・ミディ展望台の案内図
18.jpg
モンブランをバックに
19.jpg
雲の上のそびえたつ山々

 モンブラン観光とエギーユ・デュ・ミディ展望台の見学を終えてからバスで約3時間30分かけてグリンデルワルドへ向かった。
 夕食は宿泊のサンスターホテルでいただいた。メニューは、前菜が私の大嫌いなチーズフォンデュでニオイをかぐのも苦手である。
 しかし、メインはステーキと煮込んだ野菜の付け合わせだった。美味しいビールと白ワインが最高であった。
20.jpg
グリンデルワルド駅
21.jpg
大嫌いな
チーズフォンデュ
22.jpg
ステーキと煮込んだ野菜料理
23.jpg
スイスの白ワイン

(第6日目)

 朝6時に起床して、昼食後部屋で休憩してからホテルを7時半過ぎに出発した。徒歩で約10分かけて駅に着き、この駅から約5分かけてグルトンというところまで行った。そこからゴンドラに乗車してメンリッヒェン展望台へ、
 この展望台は、ユングフラウ地方を眺望できる素晴らしい場所である。
24.jpg
ヨーロッパで一番長いゴンドラ

 メンリッヒェン山頂(2343m)が目の前に見え、草原には遊牧しているブラウンスイス牛がカランコロンとカウベルを鳴らしながら草を食べていた。
 これは絵になると写真を撮り続けた(笑)。
 さあ〜これからクライネシャイデックまでハイキングを楽しむことになるぞ。
25.jpg
山岳地帯で牧草を食べる牛
26.jpg
まるで絵葉書みたいな高原の牛

[ ↑ページトップへ ]


スイスの旅(3)
スイスの旅(2)
スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network