このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


キューバの旅(1)〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜

キューバ共和国(Republic of Cuba)
面積 110,922平方km 人口 1,124万人 首都 ハバナ 言語 スペイン語
民族 ヨーロッパ系25%、混血50%、アフリカ系25%
外務省HP2012年6月現在基礎データより

キューバといえば「革命」「カストロ独裁政権」というイメージがどうしてもつきまとう国である。しかし実際に訪れて驚いたのは、社会主義国家だからさぞかし民主主義国家とかなり違うのではないかと想像していたが、現実的には社会主義でありながら、資本主義経済を真似て取り入れているところがあるのには正直ほっとした。もちろん完全社会主義を貫いている以上表向きは共産システムを通している。
この国は思っていたより、治安がよく犯罪が少ないようだ。ただ夜になると電灯の明かりが少なく空港から都心に入るのに余りの薄暗さにちょっと戸惑った感があった。ホテルの近くのマーケットやコンビニに行ってみたが、余り物がないのにはびっくりした。われわれのように物資が豊富にあることが当たり前と思っている人間にとってこの状況を理解するのは難しいかもしれない。ともかく決められた旅行日程の中でどれだけこの国を知りえるか分からないが、持ち前の闘志で旅することにする。

(第1日目)
成田を15時25分に発って日付変更線を通過して、メキシコのファレス空港に到着した。1時間30分の給油の後、16時空港を発ってキューバのホセマルティ空港に19時20分に到着した。入国手続きを終えて迎えのバスに乗り込んで、ハバナ新市街の海岸沿いに建つホテルに入った。明日からの旅行に備えて早めの睡眠をとった。

(第2日目)
7時に起床して、朝食後7時半過ぎホテルを出発して、ハバナから162km(約2時間半)離れた最初の訪問地ピナール・デル・リオに到着した。この町は人口が14万人いるキューバの大きな都市で、砂糖、コーヒー、タバコの生産地として知られている。特に、良質のタバコの葉を栽培することで知られている。そのうちの一ヶ所を見学した。
次にここから30分位の所にあるピニャーレス渓谷を見学した。この渓谷はオルガノス山脈にあり、丸い山があちこちに並ぶ景観のカルスト地形で1999年世界遺産に登録されている。

この渓谷のメーンは石灰岩が侵食されてできた数多くの洞窟で、かって先住民(インディヘナ)が住み、植民地時代は奴奴隷の隠れ家、独立戦争時代は革命家たちの隠れ家として使われた。この洞窟を地下水脈を使って船で250m遊覧して地上に出ると谷に広がる渓谷を見渡せる場所に出た。
そこでキューバの音楽を聴きながら昼食を摂った。
午後からは3時間かけてハバナに戻った。途中ドライブインで休憩に立ち寄った際、キューバの乗り合いトラック(荷台を改造したもの)を見た。このトラックには、ものすごい利用者が乗っており、まるでタイなどで見かける風景を思い出させる。また、キューバに来て一番見たかった40〜50年代のクラシックカーを見かけたので早速、地元人と記念撮影した。おそらくこれからは数多くのアメ車を見るのではないかと期待している。

ともかく、無事ハバナに戻り、一旦休憩して夜、文豪ヘミングウェイゆかりのレストランに行った。思っていたより旧市街の中心にあり、店内はビートの効いたラテン音楽がバンドと歌手によって賑やかに歌われ、ヨーロッパから来た旅行者と地元民でボルテージがあがっていた。もちろんバーもレストランも満席であった。幸いわれわれの席はキープされていたので、安心して夕食を摂ることができた。(写真12カクテルで一杯)ヘミングウェイがいつも好んで座っていたた席は彼をかたちどった彫像が当時の格好で保存されていた。私も像と一緒に写真をとってもらった。またヘミングウェイとフィデル・カストロが一緒に写っている写真が所狭しと壁に掛けられていたのが印象深かった。本当にキューバに来たなぁ〜と思わせる場所である。
(第3日目)
9時ホテルを出発して、ハバナ市内を見学した。最初にプンタ要塞を車中から見学して、アルマス広場に向かった。途中通りに面している公園の一角に着物を身につけた銅像が見えた、ガイドさんがあの銅像は日本人の支倉常長という人で仙台藩主伊達政宗の命でヨーロッパへ渡った使節団の大使だ。その途中、1614年にキューバに立ち寄ったのだそうだ。この銅像は仙台育英学園が寄贈したとのことであった。
先ず、ラム酒ハバナ・クラブ博物館を見学した。キューバを代表するラム酒「ハバナ・クラブ」の歴史と製造過程を知ることが出来る施設で、1930年代の製造過程を再現して見せてくれた。帰りにラム酒の大きなボトルを頂いた。
キューバのこの季節は雨期で、気温が33℃で湿度が70%近くもあり、まさに猛暑だった。そんな中、旧市街を散策した。カテドラル、ガルシア・ロルカ劇場、旧国会議事堂(カピトリオ)、市立博物館(旧総督官邸)などを中心に巡った。旧国会議事堂前ではクラシックカーのオンパレードで一見の価値があった。余談だが、現在のキューバにはクラッシクカーは約30%で、2008年のラウル・カストロが国家元首に就任してからアメ車は減少しているとガイドさんが教えてくれた。この国では新車は価格だけではなく、税金もかなり高くほとんどの人は中古車を買うようだ。車のナンバーも、茶色はレンタカー、黄色はタクシー、一般車、青色は公用車と決められている。タクシーは他にココタクシー(ココナツの形をしたもの)がある。
セントラル公園からアルマス広場まで真直ぐに延びるオビスポ通りは、旧市街の中でも昔の面影を想わせる。かつてはこの通りには商店や露店が並び、大変な賑わいをみせていたという。現在でも沢山の旅行者が訪れ、ギター演奏や道化師のパフォーマンスなどが行なわれ思わず足を止めてしまう。
また通り沿いには植民地時代の建築物が並ぶ、中にはヘミングウェイが常宿にしていたホテル・アンボス・ムンドスやコロニアル様式の建物が建ち並んでいた。旧市街を抜けると独立戦争の父カルロス・マヌエル・デ・セスペデスの像が建つアルマス広場に出た。中南米で最古の要塞フエルサがあり、アルマス広場はハバナ発祥の地ともいえる。
街はここから西に拡大されていった。西側にはコロニアルスタイルの建物と美しいパティオを有する旧提督官邸(現・市立博物館)、南側には国立自然歴史博物館などが並び、今でも旧市街の中心になっている。この広場に並んでカテドラル広場があった。
この日の最後に、新市街にある革命広場に行った。この広場はフィデル・カストロ前国家評議会議長が演説する場所として知られ、数十万人もの人が広場を埋め尽くす。これまで中国、天安門広場、ロシアの赤の広場、サン・ピエトロ広場などを見てきたので、この革命広場はさほど大きいと感じなかった。広場を見下ろす18mのホセ・マルティの像が建ち、その後方には109mの記念の塔があった。更に後方にはかつてフィデル、現在はラウル・カストロが執務を取っている共産党本部ビルがあり、更に広場の周りには内務省、情報通信省、郵政省があり、まさに国家の心臓部である。特に内務省の壁に描かれたチエ・ゲバラのモチーフは印象深かった。また、情報通信省ビルの壁にはカストロと共に戦ったカミーロ・シエンフエゴスの肖像が描かれていた。不思議なのはなぜ偉大な革命家フィデル・カストロ氏を象徴すべきモニュメントがないのか!?この答えは次回以降に記載することにする。
市内観光後、ヘミングウェイゆかりのレストランでキューバ料理を堪能してホセマルティ空港からサンチャゴ・デ・クーバに向けて飛び立った。

[ ↑ページトップへ ]


スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network