Adobe Flash Player を取得
ミャンマーのの旅(2)

ミャンマー連邦共和国(Republic of the Union of Myanmar)
面積 68万平方キロメートル(日本の約1.8倍)人口 6,367万人(2012/13年,IMF推計)
首都 ネーピードー
言語 ミャンマー語
外務省HP平成26年5月1日現在基礎データより

(第3日目)

photo01.jpg 朝7時、起床して朝食を済ませ、午前8時、ホテルを出発し、バカン遺跡観光に向かった。
エーヤワディー川中流域の東岸の平原一帯に、大小約2300のさまざまな仏塔や寺院が点在している。11世紀から13世紀にかけて都として栄えたバガンには約400万のパヤーと呼ばれる寺院があったと言われる。



photo02.jpg 先ず、アーナンダー寺院と並んで、バガンを代表する仏塔シュエサイドー・パヤーを訪れた。この寺院は、王がタトォン国征服後、建設に着手したが、あまりにも規模が大きかったため、王の在任中に完成せず、次のスィッターの時代に完成したという。

建立されたシュエサイドー・パヤーはバカン黄金期でも初期に当たり5層のテラスになっているもので、国を統一しアノーヤター王の意気込みが感じられた。この大規模な仏塔から見る周囲のバカン遺跡群は絶景である。

photo03.jpg photo04.jpg

バガンの抜けるような青空に向ってすくっと伸びる金色の仏塔は目を見張るものがあり、境内はとてつもなく広く、釈迦の遺骨と歯が奉納されていると言われ、ミャンマーの人々の厚い信仰の対象となっているようだ。仏塔の四隅にある小仏塔には高さ4m程の仏像が祀れている。

photo05.jpg われわれが見学した時は目茶苦茶の猛暑で、被っていた帽子も汗が染みこむほどであった。寺院の出入り口の通路には、土産物屋が軒を並べ並び、非常に活気のある場所でもあった。

photo06.jpg次にタビィニュ寺院を外観から見学した。この寺院は12世紀半ば、アラウンスィードゥー王によって建立された美しいお寺である。時代と共に美しさも変化していったが、遺跡としては素晴らしい。65mの高さはバカンでは一番高い寺院だ。
バカンは、お寺が多くどこを見ても遺跡だらけである。しかし不思議にどの寺院も何か特徴があり、見る人を楽しませてくれる「力」がある。

photo07.jpgさて次なる寺院は、ティーローミィンロー寺院は1215年バカン王ナンダウンミャー王位継承記念として建てられた寺院で、先王が5人の王子の中から後継者を選ぶ際に傘が倒れた方向に座っていたものを王に選んだというエピソードが残されたお寺である。この話を聞くとまるで韓国の史劇『朱蒙(チュモン)』に出てくる王室と同じだと思えた。

建物は、2層に分かれ1回には表情の異なる4体の仏像があり、2階にも4対の仏像があるが、今は 見学が出来なくなっている。

photo08.jpg photo09.jpg

photo10.jpg photo11.jpg

仏像はどれも表情が違い、逆三角形のスマートな現代的感性のお顔の仏像、優しそうな表情の立像、あたたかみあふれ出る眼差しの仏像などそれぞれが何かご利益ある仏像に見えた。寺院周囲の壁面のレルーフや石彫刻は繊細華麗で素晴らしく、往時の勢いが偲ばれる。

photo12.jpg photo13.jpg

photo14.jpgこの日の最後は、世界三大仏教遺跡の一つであるスラマニ寺院を見学した。

photo15.jpgこの寺院はナラパティシートゥー王により1174年〜1211年の間に建てられた寺院でティーローミィンロー寺院やゴドーパリィン寺院を超える造りで、バガン1のレンガ造りの寺院としても知られているようだ。

有名な割に観光客も少なくちょっと驚いた。建物の中は四方に気の仏像があり、表情はほとんど変わりなく、写真を撮っても同じように見えた。(本当は写真撮影禁止のようだった。失礼しました)

photo16.jpg photo17.jpg photo18.jpg

寺院の外側に壁面に生き生きした石彫刻が施されていた。当時の人々の生活息づいているように見えた。

photo19.jpg photo20.jpg

photo21.jpgまた、寺院の外に出たところにピンク色をした花が1本の木に咲き誇っていた。記念に撮らせてもらった。

バカンの主な見学を終え、一旦ホテルに帰り、休息の後、専用車でバカン空港へ向かった。チェックインの後、ガイドさんに別れを告げて早川氏と17時25分発のヤンゴンエアウェイズ732便でヤンゴンへ飛び立った。
空港から都内まで大渋滞でホテルには19時過ぎに着いた。この夜は2人でホテル内にあるJapanese Restaurantで日本酒を飲みながら日本食らしきものをいただいた。一日中動き回ったせいかその夜は爆睡した。

[ ↑ページトップへ ]


スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network