<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜

この冬私は、輝く太陽と青い海を背景に歴史文化がさまざまに交差する南イタリアを訪れた。イタリアは1860年再統一されたシチリア島を含めて20州からなる長靴状の半島の国である。その内南イタリアは南部の5州からなる。

私は10年前にはミラノからフィレンツェ、ベネツィア、ローマなどの北イタリアを訪れた。今回は南イタリアでもシチリア島の最先端であるパレルモ(人口75万人)から旅立った。パレルモはアラブ人が831年ビザンチン軍を撃破して占領したシチリア支配の本拠地としたところで、唯一ギリシアの影響を受けていない都市である。アラブ人はこの地を果物や野菜を豊富に産する肥沃な土地に仕上げた。このパレルモはドイツの文豪ゲーテに「世界一美しいイスラムの都市」と言わしめたほど魅力的な町でもある。

翌日はシチリア西部の「神殿の谷」で名高いアグリジェントを訪れた。この都市はB.C.583年にギリシア人植民市ゲラの人々と母の市ロードスから新たに渡来した人々が共同で建設した都市である。ここは「神殿の谷」の名の通りヘラクレス神殿、コンコルディア神殿、またヘラ神殿などが集結する大遺跡の町である。「この都市を見ずしてシチリアを語るべからず」と言っていいくらい壮大な神殿群が印象に残る町であった。

三日目「モザイク」で世界的に有名なピアッツァ・アルメリーナを訪れた。ここではローマ時代の豪壮なヴィラの遺跡(カザーレの別荘)を訪問した。このヴィラはローマ帝国の「西の正帝」マクシミアヌスが金に糸目をつけずに造ったもので、中でも鮮やかな赤や緑の貴石や高価な色石ふんだんに使ったモザイクには色のぼかし効果により人物や動物の躍動する姿がリアルに描かれていた。この微細なモザイクが3500Fという広大な面積に施されていたのは圧巻であった。

その夜、イタリアを代表する保養地タオルミーナに到着した。タオルミーナはイオニア海とエトナ山を一望する風光明媚な地であり、ギリシア時代から長い歴史を持つ古都である。ここにはイオニア海を望む場所に「ギリシア劇場」があり、これはローマ時代2世紀に円形闘技場として利用されたものでシチリア第2の規模を誇る古代劇場だ。

この日午後には古代地中海の大都であったシラクーサを訪れた。シラクーサはB.C.734年、コリント人がシチリア東南部全体を支配下に治めたときに建設された都市で、アルキメデス生誕の地としても名高い。この地では15000人を収容できる「ギリシア劇場」が有名で、隣接する石切り場には細長い耳の形をした「ディオニュシオスの耳」があり36mの高さの洞窟は一見の価値があった。この夜ホテルでウニのパスタをたっぷり(タントタント)食べ2005年最後の夜を満ち足りた気分で過ごすことが出来た。ホテルの窓から望む向かい側の半島では、花火が打ち上げられて私の気分をさらに盛り上げてくれた。

翌日年も明け1月1日旅行5日目、早朝にタオルミーナを発っていよいよイタリア本土に渡るべくメッシーナ海峡をフェリーで渡った。メッシーナからはカラブリア州、バジリカーター州の2州を通過して444kmの長旅の後イタリア半島の南東、アドリア海に面したプーリア州バーリに到着した。バーリはアドリア海の中心的都市として古くは十字軍の船出の港として栄えた。人口34万人の新市街はイタリアを象徴する先端ファッションの店が軒を連ね、華やかな雰囲気を醸し出していた。ここで私は後半の旅に備えて十分に静養した。

特に、今回訪れたシチリア島というと多くの人はマフィアを連想すると思う。斯く言う私も若いころは映画「ゴッドファーザー」に熱を上げた一人で、マフィアの存在を確かめるのも旅の目的の一つとしていた。

マフィアは不在地主の管理人たちが集結して作った組織が起源で、彼らは小作農民を押えつけたりして地主に文句を言わせないよう一方的に有利な管理契約を継続させる集団だった。その後小作農民票を取りまとめて議員に売りつけて徐々にその勢力を伸ばし、政界と結託して公共事業から甘い汁を吸うようになった。不思議なのはマフィアの組織がシチリアの各界に深く浸透しているのにもかかわらず、誰もそのメンバーを知らない点である。旅の途中現地のガイドさんにマフィアについて尋ねると、いまだにマフィアの子孫の言い知れぬ圧力に恐怖感を感じてか詳しくは語ろうとしなかった。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network