スコットランド(1)
スコットランド(1)

スコットランド(Scotland)
7.9万平方キロメートル 525.4万人(2012年)
首都 エジンバラ
言語 英語、スコットランド・ゲール語 等

 スコットランドはヨーロッパ最古の歴史を持つ王国であったが、1707年以降グレートブリテン及び北アイルランド連合王国の一部となった。
 イングランドとの間で幾多の戦争が起こり、フランスなどヨーロッパ列強との同盟や交易が盛んになり、スコットランドは有数の商業地域になっていった。しかし第二次世界大戦以降、一時経済的に凋落にしたが、近年北海油田で産業が再び繁栄してきた。
 2013年11月26日に独立の是非を問う投票が否決されたが、今度イギリスのEUからの離脱によって再び独立の道を歩むのか、興味があっただけに今回の旅は待ち遠しい訪問であった。

(第1日目)

 8月8日早朝の便で羽田空港を発って一路イギリス・ヒースロー空港に向かった。現地時間13時30分ごろ到着して、入国手続きを終えて16時15分発の便で今回の訪問地スコットランド・グラスゴー国際空港に向けて飛び立った。約1時間40分のフライトで到着した。この日はそのままグラスゴー市内のホテルに入った。日本から約15時間もかかるので疲れた。

(第2日目)

 朝6時に起床し、朝食の後8時ホテルを出発してグラスゴー市内観光に出かけた。最初に中心街西部にあるケルヴィングローブ公園を訪れた。
 この公園は19世紀に造られ万国博覧会などが開催されたことがある。公園の中には中世のブロンズ像などが見られ、当時の面影を残し市民の憩いの場として利用されている。
 何よりも素晴らしいのは公園内にはスコットランドを代表するケルビングローブ美術館・博物館があることである。
2.jpg 3.jpg
ケルヴィングローブ公園 橋の上にあるブロンズ像
4.jpg 5.jpg
素晴らしいブロンズ像 公園内から見える美術館・博物館

 次に、現在の英国の中で4番目に古いといわれるグラスゴー大学を見学した。
6.jpg 7.jpg
Glasgow大学をバックに 大学正面

 この大学には、多くの著名人が学んだといわれ、その中でも経済学者で哲学者のアダム・スミス、蒸気機関を発明したジェームズ・ワット、物理学者のウィリアム・トムソンなど7名のノーベル賞受賞者を輩出しているという。日本人になじみ深い「日本のウィスキーの父」といわれた竹鶴政孝氏も学んだといわれていて、その名前が校門の扉に記されている。
 昨年NHKで放映された連続テレビ小説「マッサン」でスコットランドは日本人に馴染み深くなったので昨年は日本人が押し掛けるだろうと思い旅行を今年に延期した。
8.jpg
著名人の名前を記した門扉

 グラスゴー大学の見学を終えてから同じウエストエンド内にあるケルビングローブ美術館・博物館を訪れた。
 建物は1902年に建てられたヴィクトリア様式の建物で所蔵作品の質、量、入場者数ともイギリスでは大英博物館に劣らないといわれている。
9.jpg 10.jpg
中世風の美術館・博物館 ゴージャスな館内

 確かに規模は大きく、左右対称の3階建てのフロアからなり、内部は吹き抜けの大空間がありで、展示スペースはそれらの吹き抜けを取り囲むようになっていた。
11.jpg 12.jpg
中世風の美術館・博物館 ゴージャスな館内

 特に興味を持ったのはグラスゴー生まれのチャールズ・マッキントッシュの作品とサルバドール・ダリの「十字架の聖ヨハネのキリスト」が素晴らしかった。
 スコットランドの民族衣装とキルトを着た人形は、そのものであった。
13.jpg 14.jpg 15.jpg
マッキントッシュの作品 スコットランドの民族衣装 キルトを着た人形

 次に、12世紀デビット1世によって建てられた荘厳で優美なグラスゴー大聖堂を訪れた。
 幾多の宗教改革による破壊行為から逃れた大聖堂で別名「聖マンゴー大聖堂」とも呼ばれている。黒い尖塔と緑の屋根が特徴で何かこの塔は現代的なグラスゴーの街並みを見下ろしているように見える。
16.jpg 17.jpg
大聖堂の全景 黒い尖塔と緑の屋根の聖堂

 聖堂内は、高いアーチ型の天井、それを支える太い柱、大きな窓と美しいステンドグラスは「荘厳」である。
16.jpg 17.jpg 17.jpg
天井と窓のステンドグラス マリアのステンドグラス 高いアーチ型の内部

 また地下には、聖ケンティガーンの墓があった。彼は 、グラスゴーの守護 聖人でもあり、そのため鳥、木、鐘、指輪と魚からなる聖人の象徴がグラスゴーの紋章に使用されているとガイドさんが説明してくれた。
 また、大聖堂の手前には、グラスゴー最古の館といわれる3階建てプロバンド領主館と聖堂の裏手の高台にはビクトリア朝時代に築かれたグラスゴー共同墓地が見えた。
 ヨーロッパには教会や聖堂などが多く存在するが、どこもそれぞれ特徴があり、見学していて楽しいし、勉強になる。
8.jpg
グラスゴーの紋章の街燈

17.jpg 17.jpg
プロバンド領主館 丘の上にある共同墓地

 市内観光の後、由緒あるレストランでスコティッシュサーモンをいただいた。出されたものはすべて美味しく量は多かったが、すべて平らげた。
 その後、3時間かけて今日の宿泊地弁ネヴィス地方のバラフーリッシュに向かった。途中ベン・ヴィス山と湖が見える風光明媚な場所で休憩をとった。  同行した旅友が具合悪くなったので公園のベンチで治療をしてあげた。睡眠不足や長時間の移動で疲れたようだ。
8.jpg
スコティッシュサーモン
8.jpg
湖をバックに
 17時半頃、無事ホテルに到着して一休みした後、がぼちやスープと牛の煮込みと野菜添えの料理を美味しいワインといただいた。

[ ↑ページトップへ ]


スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network