モロッコとチュニジア
モロッコとチュニジアの旅(1)

モロッコ王国(Kingdom of Morocco)
44.6万平方キロメートル 3,603万人(2018年 世銀)
首都 ラバト
言語 アラビア語(公用語),ベルベル語(公用語),フランス語

チュニジア共和国(Republic of Tunisia)
16万3,610平方キロメートル 1,157万人(2018年 世銀)
首都 チュニス
言語 アラビア語(公用語),フランス語

モロッコ編(1)
世界最大の迷宮都市

 モロッコはアフリカ大陸の北西部に縦長に位置する国で、面積は日本の1.2倍。人口は約3400万人。チュニジア・アルジェリアと合わせて「マグレブ三国」と呼ばれている。
 モロッコは、古くは東方交易の拠点として栄え、神秘的な伝統が今も息づく国だ。そしてヨーロッパの影響も受けながら、独特の文化や色彩の魅力を持つ国である。
 民族はアラブ人が65%、ベルベル人が30%、その他5%で、国民のほとんどがイスラム教を信仰している。
 また、この国は、イスラムとアフリカとヨーロッパの3つが交差し、歴史的にも20世紀初めフランスの保護領となり、1956年に独立するまで、その文化の影響を強く受けたと言われている。
01.jpg
王室標準旗
02.jpg
ずらりと並ぶモロッコの王様

(第1日目)

 成田空港を夜11時エミレーツ航空319便にて経由地ドバイに向けて飛び立った。中継地のドバイには朝6時過ぎ到着し、1時間半ぐらいで空路カサブランカに向かった。

(第2日目)

 28日13時半頃ムハンマド5世空港に到着した。
 入国手続きなどを済ませてから小型バスでてフェズに向けて約4時間30分の旅に出発した。途中サービスエリアで15分休憩後、18時30分に到着した。
03.jpg
ムハンマド5世空港
04.jpg
モロッコのガイドさん
 宿泊は、中庭に噴水とアンダルシア風の庭のあるリヤドパレシェヘラザードホテルであった。
 モロッコ特有のゼリージュ(モザイク)を綿密に巡らせた歴史的建物である。
05.jpg
アンダルシア風の庭
06.jpg
細工が施された部屋の扉
 ただし部屋は隙間風やお湯の出が悪くちょっと難儀した。
 夕食は、ホテル内のレストランでタジン料理を味わった。
07.jpg
多彩な前菜
08.jpg
タジン料理

(第3日目)

 朝6時起床して、ホテル内のレストランというかロビーみたいなところで、モロッコのパン、卵料理などをいただいた。

 9時ホテルを出て世界遺産である旧市街(メディナ)を見学した。最初は、現国王ムハンマド6世の王宮に行った。
09.jpg
いろいろなパンが出る朝食
10.jpg
壁面の細かな細工が素晴しい門
11.jpg
王宮の巨大なブー・ジュル―ド門を
バックにして

 次に独特な家が今も残るメッラハ(ユダヤ人街)やキャラバンサライを見学した後、迷宮都市のエル・バリ地区へ。
12.jpg
独特な家が残るメッラハ
13.jpg
メディナの通り

 次に訪れたブーイナニア神学校では、幾何学模様と大理石の中庭と水時計(故障中)を見て、
16.jpg
美しい神学校の内部
17.jpg
水時計

 フェズ最大のブージュルード門に行った。
18.jpg
ブージュルードの紫表門
19.jpg
緑の裏門

 お昼は、世界遺産の街並みが展望出来るレストランで、モロッコ風前菜、チキンとアーモンドのパイ包み、シナモンシュガーをかけたパスティラを味わった。
20.jpg
モロッコ風前菜
21.jpg
モロッコ名物パスティラ

 昼食後、フェズ焼きとモザイクの工房を見学した。
 ここでおしゃれなコーヒーカップを買い求めた。
22.jpg
フェズ焼きを作る職人
23.jpg
モザイクで造られた泉

 次にタンネリ。ショワラ(なめし革前職職人街)を訪れた。
 上から工程を見たのだが、物凄く臭いがきつくたまらなかった。
24.jpg
皮をなめしている風景
25.jpg
なめし工場をテラスから見る

 さらに1000年の歴史があるカラウィンモスクとメディナの入り口にある表と裏の模様が違うフェズ最大の門ブー・ジュル門を見てから、メディナで一番の繁華街ネジャーリン広場へと向かった。
 この広場は大工さんの工房が軒を連ねていた。
26.jpg
ネジャーリン広場にて
27.jpg
アッタリーン・スーク

 午後4時過ぎホテルに戻り、休憩の後、ホテルのレストランで、モロッコのみそ汁ハリラスープとビーフタジンをいただいた。
28.jpg
ハリラスープ
29.jpg
ビーフタジン鍋

(第4日目)

 朝6時半に起床して、朝食後、ホテルを8時半に出発して約1時間半かけて、モロッコワインの産地でもある城壁に囲まれた世界遺産の街メクネスへ行った。メクネスには、モザイクとタイルの美しい王宮の正門マンスール門がある。
 王宮の門はどこにでもあるが、この門だけは巨大であまりにも美しいのに圧倒させられた。
30.jpg
巨大なマンスール門
31.jpg
マンスール門前にて

 次にエディム広場へ。広場は屋台が立ち並んでいるのを見ながら車に戻り、車で王宮謁見広場から城壁に囲まれた風の道を1q通り、
32.jpg
屋台が立ち並ぶエディム広場
33.jpg
真っ直ぐな風の道

 17世紀の王で500人の子供がいた王ムーレイ・イスマイルの霊廟を、外観から見た。
 そして次の訪問地ラバトへ向けて出発した。


[ ↑ページトップへ ]


モロッコとチュニジアの旅(1)
ニュージーランドの旅(4)
ニュージーランドの旅(3)
ニュージーランドの旅(2)
ニュージーランドの旅(1)
カリブ海の島と船の旅(2)
カリブ海の島と船の旅(1)
ケニアの旅(3)
ケニアの旅(2)
ケニアの旅(1)
スイスの旅(4)
スイスの旅(3)
スイスの旅(2)
スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network