<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜

(1日目)
5月2日、診察を終え東京駅最終便の新幹線で名古屋へ向かった。空港直近のホテルで一泊し、翌朝3日9時の中国東方航空で経由地となる上海へ向けて旅立った。上海では入国審査を済ませ、一路この旅の目的地「西安」へ出発した。

西安の咸陽(かんよう)空港へは2時頃到着した。この空港は先の上海の空港と比べかなりローカルな空港であるらしく規模は思ったより小さかった。空港を出ると早速ガイドさんに連れられて漢陽陵博物宛へ向かった。ここは前漢第4代皇帝景帝とその皇后の墓で、彩色陶俑や各種文物が地中に埋まった状態で上からガラス越しに見られるように陳列されている。

その後夕食のためレストランへ向かったのだが時間はまだ午後の3時であった。驚いてその理由を聞いてみたところ、単にガイドさんが早く仕事を終えて帰宅したいためだとわかった。と言うわけで5時には宿泊先となるホテルに到着ししばらく休息の後、今回通訳として同行してもらった私の甥中島元春といっしょに西安の中心街にある鼓楼(ころう)と長楽門(東門)周辺を散策した。そして古き中国を髣髴とさせる路地に入るとそこは一般市民が多く買出しに出てきていて、歩くのもままならぬほどの混雑様で活気にあふれていた。

 

この日は早々に観光を切り上げてホテルへ帰った。

(2日目)
朝6時半起床。ホテルで朝食を済ませ8時15分、迎えの車に乗って西安最大の見所である『秦兵馬俑博物館』へ向かった。途中、秦始皇帝の陵墓を車中から見学し1.5kmほど走ったところにそれはあった。博物館前の広場は想像していたより広大でそれだけで私は圧倒されてしまった。

いよいよ最初の一号坑に入る頃には既に中は黒山の人だかりで、なかなか兵馬俑の姿を目にすることができないほどであった。東西230m南北62mの建物の中に5mの深さの地下坑道が掘られ、約6,000体の武装した兵馬俑が38列にわたって並んでいた。まさに秦軍の威容を現代によみがえらせたものだ。その迫力は想像をはるかに上回るものだったが、現在発掘されているのは全体の三分の一で残り三分の二はまだだと聞いてさらに驚いた。

二号坑は一号坑に比べて広さは狭く、主に発掘状態を現すものが主体であった。次の三号坑には兵馬俑の最高指揮部隊に当たるものが置かれ、坑道内に64体の兵俑、馬四頭立ての指揮車1両があった。そして最後、隣の棟にある展覧館で銅馬車を見学した。この銅馬車は秦の始皇帝が使ったとされるもので時の経過を物語るように緑青がびっしりとふいていた。この秦兵馬俑博物館には平日で2万人、連休ともなると1日4万人の観光客が訪れるという。

次に、冬の離宮とも称される『華清池』へと向かった。華清池は楊貴妃と時の皇帝玄宗とのロマンスで有名で、2,700年前に発見された陝西省内でも有数の温泉があり、その風景美は今なお訪れる人の目を楽しませている。以前、華清池はこの9倍もの広さを有していたという。私にとって興味深かったのは華清池向かって左に位置する山の中腹に西安事件で国民党の蒋介石が共産党を率いる張学良等に追い詰められて逃げ込んだとされる小屋があったことだ。

午後、陜西歴史博物館を見学した。ここでは特別閲覧として秦の時代の兵馬俑の実物や秦銅銭(2,000年前のもの)を直接手にとって見ることができた。その後、市街地の明代城壁(唐の長安城を基礎にした)と東西南北四つの門の中の物見やぐらに当たる城楼、箭楼を見学した。なにしろこの城壁は長大で周囲14kmもあり3周するとマラソンコースとなる距離である。特に南門(永寧門)では城壁に上って西安市内を見渡すことができた。ここからの眺めは遠く西方のシルクロードを一望でき、その素晴らしさと言ったら圧巻というしかなかった。

この夜はここから程近い興慶宮公園内にある唐代風建築のレストラン「南薫閣」で楊貴妃宴を堪能した。中華料理というのは次から次へと料理が出されてくるのに、それらを平らげてしまっている自分に我ながら感心した。

ホテルに帰ってからガイドさんに案内されて足裏マッサージ(足浴マッサージ)を受けその日一日の疲れを癒した。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network