<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜

(第1日目)
中国への旅は今回で3回目をむかえる。当初予定していた九寨溝・黄龍はチベット騒乱で外務省危険区域指定となりやむを得ず中止となってしまった。そこで躍進する中国を象徴する上海と昔の中国の面影をそのまま残す蘇州を訪れた。
5月3日朝5時に起床し、先ずは成田空港へと向かった。全日空919便で一路上海・浦東空港へ向けて我々は飛び立った。空港から上海郊外の龍陽路駅まで生まれて初めてのリニアモーターカーに乗車した。これは世界唯一のリニア営業路線で発車後あっという間に未体験の最高速度431キロを記録した。通常バスに乗ると40分かかるところ、リニアではわずか7分で到着してしまった。もう少し乗っていたかったというのが正直の感想であった。残念。
そこから送迎車に乗り込んで上海市街にあるホテルへ向かった。このホテルは黄浦江をはさんでその西側に位置し、高層建築のホテルであった。しばらく休憩の後、最初の夕食に出かけた。伝統的上海料理で有名な「鷺鷺酒店」であったが、おいしい料理はたくさん運ばれてくるものの、いつまで経っても日本人の思う主菜であるチャーハンや焼きそばは出てこなかった。どうやら上海料理にはこれらはついていないらしい。お腹はいっぱいになっても何か不満が残ってしまった。その足で外灘(ワイタン)の船着場から我々の言うところの屋形船に乗って上海ナイトクルーズを楽しんだ。黄浦江から見るライトアップされた高層ビル群の美しさはとてもすばらしくこれらを堪能した。このところ中国は電力節約がうるさいらしく普段はライトアップが行われておらず、前日とこの日の二日だけだと知ってなんと運がいいものだと同行の吉祥寺センター院長の小澤と二人で喜んだ。ホテルに戻って窓から見る外灘のすばらしい夜景を見た後眠りについた。

(2日目)
朝7時前に起床。朝食はホテルのレストランで済ませた。このホテルは2007年8月にオープンしたばかりですべてにおいて最高級で、朝食のレストランのバイキングでは約50メートルにわたり多彩な料理が並べられどれを食べて良いのやら迷うほどであった。
9時にホテルを出発して上海市内観光に出かけた。最初に訪れたのは「豫園」だ。ここは明代の江南式古典庭園で造園は流麗で完成まで18年を要したという。この日は観光客が多いのと小雨で傘を差さなければならないこともあって移動するのに難儀した。ここの玉玲瀧(ユーリンロン)と龍壁(ロンビー)は我々の目を奪った。ただあまりの広さのため駆け足で回ったのが残念であった。
その後、上海では最も観光スポットとして有名な外灘(ワイタン)へ行ったのだが、あいにくの雨と霧のため言われるところの絶景に接することはできなかった。昼食はレストラン「圓園」にて小籠包などの点心を食べた。昼食後、中国四千年の名宝が集まる上海博物館を見学した。ここには国の貴重な文物約12万点収蔵されており、私はゆっくり見たかったのだが時間の関係で急ぎ足のものとなってしまった。古代青銅館、中国歴代書宝館、中国古代陶資館xhそして今注目のチベットなど少数民族の工芸を集めた小数民族工芸館は印象的であった。最後に見た少数民族館は話題の場所だけあって世界各国からの観光客で賑わっていた。言うまでも無く館内は原則として写真撮影禁止であったが、何人かの人たちが撮っていたので私もそれに便乗して写真を撮らせていただいた。

その後、中国らしからぬモダンな街「新天地」を訪れた。ガイドさんいわく日本の青山・六本木と言われるらしくモダンでありながら古風なレンガ造りの店が立ち並んでいた。私の好きな路地がそこここにあって、ついつい写真を撮るのに時間を費やしてしまった。アメリカ発スターバックス、フランス風ケーキショップなどさまざまな店があり外国人観光客のみならず上海の若者達が多く訪れていた。
5時ごろ一度ホテルに戻って、その後すぐガイドさんに頼み込んであった本来予定に無いあの有名な「上海雑技団」を見に出かけた。通称中国のサーカス団と言われ、その妙技は各国でいろいろなショーを見てきた私にとってもこれほどのものはと唸らせるもので、これを最前列中央の最高の席で満喫することができた。演技者に拍手を送りたい。
夕食はホテル内の最高級の中華料理店で味わった。特に最初に出された北京ダックは我々の目の前で二人のために1羽調理された。その他黄魚のフライや豚肉と筍の料理などたらふくご馳走になった。その夜は部屋に戻って本場足裏マッサージを受けて熟睡についた。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network