このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


スロベニア・クロアチアの旅(3) 〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜

スロベニア共和国(Republic of Slovenia)
面積 2万273平方km 人口 約200万人 首都 リュブリャナ 言語 スロベニア語
宗教 カトリック/イスラム教/セルビア正教/プロテスタント/その他
外務省HP2011年6月現在基礎データより

<第6日目>
朝6時30分に起床して、朝食を済ませて最終目的地であるドブロブニクに向けてホテルを8時に出発した。昨日と同様に到着するまで、約4時間を有するということなので、ゆっくり睡眠をとろうと考えていたが、途中海岸線を通ったので、眺める景色は私がよく行く伊豆半島とは比べようのない程美しく、さすがアドリア海だなぁ〜と思わせた。
長い車の乗車で疲れ果てたところで、急遽クロアチアの国境を通過して直ぐボスニア・ヘルツェゴヴェィナの国境があり驚いた。そしてさらにしばらく走ってクロアチアの国境を通過することになった。その途中ボスニアで車を降り休憩することになった。(写真2ボスニア人と記念撮影)なぜドブロブニク直前になってボスニア・ヘルツェゴヴェィナ領に入ったのか、それは「300年程前、この地域はネウムという海に面した町があった。(写真3国境の暖衝地帯)その時ドブロブニクの領土であったがベネチアやトルコとの紛争でネウムは緩衝地帯でオスマン帝国領となった。この時9kmという狭い土地が海岸線まで引かれ国境線となった」と現地の人が語ってくれた。ともかくかボスニアに入国できて何だか得した気がした。

なんだかんだで目的地に無事着いた。ドブロブニクは昔から「アドリア海の真珠」と例えられ、この地を訪れる旅行者を魅了し続けているようだ。早速城壁の中に入った。今までトロギールやスプリットの城壁の旧市街を見てきたが、このドブロブニクは何か違っているような気がした。それは現在でも中世の都市が完全に保存されてせいかもしれない。西のピレ門から入って旧市街のフラッツァ通りを通ってオノフリオ大噴水、フランシスコ会修道院、セルビア教会を見学してルジャ広場に出た。



その広場の左にスポンザ宮殿、右に聖ヴラボ教会、旧総督邸があり奥には聖母被昇天大聖堂が見えていた。ともかく一通り見学してから、15〜16世紀に海運交易都市として栄えたといわれる古港に出た。


北は聖ルカ要塞、南は聖イヴァン要塞に挟まれた港は敵が侵入しても防衛出来るように造られているのにはちょっと驚いた。通常は城壁を一周するが、我々は旧市街全体を一望したい一心から標高412mのスルジ山の山頂まで行くロープウェイを利用することにした。山頂にはナポレオンから贈られた大きな十字架が旧市街を見下ろすように建てられていた。ここから観るアドリア海と旧市街全域の眺めはやはり絶景であった。なぜこのドブロブ二クが世界遺産の中でもこれほど注目されているのがよく分かった。



ドブロブスクの歴史について簡単に触れると、614年にこの都市が誕生し、当時西ローマ帝国が崩壊したことで、スラブ人やアヴァール人など異民族が旧帝国領に流入して来たため、その襲撃を逃れようとツァヴタトに住んでいた人々が移り住んで来たのが始まりのようである。スラブ語ではドブロブスクという名では有るが、ラテン語ではラグーサという。よって当時はラグーサ共和国と言われていた。ローマ人の末裔の避難所であったラグーサだが、一部スラブ人がここに住んだため、旧市街は二分され北側はスラブ人、南側はローマ人末裔が住むことになった。二つの地区の間には水路が引かれ共用していた。その後、水路が閉じられ、現在は街を貫くメインストリート(ブラッァ通り)となっている。
クロアチアはネクタイの発祥の地といわれ、フランスのルイ14世はファッションに敏感な人といわれ、クロアチアの兵士が軍装にスカーフを使ったのをみて、自分もファッションの一つとして取り入れたのが始まりだといわれといる。ヨーロッパではネクタイは「Cravat・クラヴァト」と呼ばれ、クロアチア人が最初に着けたので「クロアト」として今日まで残っている。特にドブロブニクのネクタイやスカーフは最高級品として重珍されている。私もスカーフを何枚かお土産に買った。最後の夕食はクロアチアの名物料理を食べて1週間の疲れを取った。







<第7.8日目>
帰国の便が早かったため朝5時半に起床して、ドブロブニク空港に向かった。朝9時頃空港を発って、途中フランクフルト空港を経由して成田に帰国した。フランクフルトとから成田間は今話題のエアバスであった。やはり最新の飛行機の旅は素晴らしかった。


スロベニアはEUの中でも大気汚染を最大の環境問題として騒がれていたが実際に訪れてみて、私が感じるにはそんなに問題視するほどのものではないように感じた。 産業も工業が発達しており線維産業、金属化工業が充実しており、農業の穀物の栽培(トウモロコシ、小麦)と商品作物の生産にバランスが取れているようだ。また、スロベニア人はドイツ圏の影響を受けているせいか勤勉で秩序を重んじる人が多いようだ。それと旧ユーゴスラビア共和国の中でも最も経済的に豊かな先進地域であった。それに比べクロアチアはのセルビア人が多い為、紛争が長かったせいか経済も産業も立ち遅れ、今だEUに加盟しておらずスロベニアに比べて一歩遅れている感があった。


産業は造船、化学業、石油、食品加工業、それに林業及び農業(小麦、オリーブ、いちぢく)中心でその他観光業が国を支えているようだ。性格はスロベニア人に比べ気性が激しくあまりフレンドリィーに感じなかった。おそらく長い間の内戦で不安定が続いたせいではないかと思う。ただ両国とも温暖湿潤気候と西岸海洋性気候のせいか、ワイン特に赤ワインが美味しく、ついつい各地で飲み過ぎてしまった。ボスニア・ヘルツェゴヒナについては数時間の滞在だったので十分に知ることができなかった。



[ ↑ページトップへ ]


スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network