このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)

アラブ首長国連邦(United Arab Emirates: UAE)
面積 83,600平方km 人口 約789万人 首都 アブダビ 
言語 アラビア語 宗教 イスラム教
外務省HP2012年8月現在基礎データより

アラビア半島の近未来都市・ドバイ

今回は、アラビア半島で一番歴史が新しく、注目度ナンバーワンの国アラブ首長国連邦(United Arab Emirntes )と先史時代からの神殿や聖ヨハネ騎士団(十字軍)など悠久の歴史を刻むマルタ共和国(Republic of Malta)を訪れた。
12月暮れの30日、夜22時成田空港を立って、最初の訪問地アラブ首長国連邦(UAE)のドバイへ向かった。ドバイはアラビア湾の入口にある国で、1971年アブダビ、ドバイ、シャルジャ、アジマン、ウム・アル・カイワイン、フジャイラ、ラス・アル・ハイマの7つの首長国が集まってイギリスより独立し、アラブ首長国連邦となった。(写真.3)
アラブ首長国としての歴史はそれほどないが、アラビア半島の地域としては紀元前4000年頃メソポタミア南部に誕生したシュメール文明としての記載がある。特にドバイはメソポタミア文明とインダス文明を結ぶ中継地として交易で栄えた。1939年より石油の試掘を開始し、1962年にザイード現大統領の登場で石油産出国として大発展を遂げた。ドバイは首長であるムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトウーム(現アラブ首長国連邦副大統領兼首相)が現在の観光と商業の中心都市に発展させた。


<第一日目>
午後8時エミレーツ航空319便で成田空港を発って、一路ドバイに向かった。ドバイ国際空港には早朝5時近くに到着した。エミレーツ航空は世界屈指のサービスとホスピタリティであったため、快適な空の旅を万喫した。

<第二日目>
 朝8時、ホテルを出発して、市内観光に向かった。最初はドバイの象徴といわれるダウンタウン・ドバイ地区へ行った。この場所から見る眺めは素晴らしく、近代都市にふさわしい高層ビル群、その中でもバージュ・ハリファ(BurjKhalifa)は世界一の高層ビルで、世界の高い建造物を見慣れてきた私でも驚かされる。
何しろドバイは何でも世界一が好きなようで、どのパンフレットをみても誇らしげに記載されている。 次にダウンタウンのジュメイラ・ビーチを訪れ、ビーチから世界一の高さを誇るバージュ・アル・アラブホテル(7つ星ホテル)とジュメイラ・ビーチ・ホテルを眺めた。ダウ船の帆をイメージした外観と打ち寄せる波をイメージした両ホテルは世界でもトップクラスのリゾートホテルである。
一度でもいいから宿泊してみたいなぁ〜と希望的観測をもって、次のジュメイラ・モスクに向かった。ここは外観だけ見学した。ドバイで最も美しいモスクといわれ、白いドームと2本のミナレットが特徴でその姿は凛として、ファーティマ朝時代を活かしながら、モダンなイメージを抱かせるモスクである。
ジュメイラ・モスクから歩いて直ぐの場所にあるドバイ博物館に行った。ここは1971年にドバイの歴史を今に伝えようと建てられた。砦風に造られ上部には実際に使われたであろう船が飾られていた。




内部には紀元前5000年から8世紀の発掘品や風通しのいい椰子の家があり、地階には昔の生活の様子や学校などがロウ人形を使って再現され展示されていた。
博物館から徒歩で5分位の場所に水上(Abra)タクシーの船着場(ドバイ・オールド・スネーク)があり、ここから乗船して、スパイス・スネークのある船着場に着いた。ここはスーク地区にあり、デイラ・オールド・スークではスパイスなどが格安で売られ、多くの観光客や地元民で賑わっていた。
その先にはドバイ観光名所の中でも最も人気があるゴールド・スークがあり、金の専門店が軒を連ね、廻り一体が金で眩しいくらい輝いている。女性にとっては何とも云えない場所であるようだ。ただ店によっては値段が違うので、なかなか手が出せない。
午後2時過ぎ、レストランでケバブ、ワラック・エナブ、カレー風のスープなどを食べ、ホテルに戻った。日本からフルにか動いため、早めの就寝に入った。明日は早朝よりマルタ共和国へ訪問のために移動である。

[ ↑ページトップへ ]


スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network