<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜

私が世界の旅を始めていよいよ50カ国目となる記念すべき国が今回訪れたインドだ。

インドは宗教の国でありながら、最先端技術とも言えるI.T情報技術を駆使して成長を遂げる国として世界の耳目を集めている。

12月28日エア・インディア307便でデリーに向けて成田を出発した。そして夜の6時過ぎにデリー空港に到着した。入国手続きを終え空港の外に出ると、そこはものすごい数の客待ちや出迎えの人たちでごった返していた。見るからにさほどの用事があるようには思えぬ人々だ。これが今思えばインドを象徴する姿だったのかもしれない。今回は私を含めて7人のグループで行動することになった。早速、空港よりバスに乗り込んだのだが、一同驚いたことにインドの首都デリーでありながら街灯らしきものがない真っ暗闇の道をバスはまっしぐらに一路ホテルへ向かった。1時間程で同行者の内3名がホテルで降り、次に我々4名がさらに30分くらい乗車した後、別のホテルへ到着した。どうやら3人と4人のグループに分けられたらしい。

翌日(2日目)は朝早く起床し、朝食をとった後8時過ぎにホテルを出発してデリー空港に向かった。そして1時間ぐらいのフライトで最初の訪問地ベナレスに到着した。この空港はインド有数の空港と言うには何とも規模が小さく、日本のローカル空港を彷彿させるものがあった。荷物を受け取って空港の外に出ると、ここでもまたものすごい数の人々が暇そうにしていて、我々旅行者たちを出迎えるでもなくいわばたむろしていた。我々はお世辞にもきれいとは言えないマイクロバスに乗ってベナレスの市内観光をした。ベナレスは人口170万人で、世界2位の人口を誇るインドの中でも大都市であり、ヒンドゥー教と仏教の聖地としてインド人のみならず外国人が最も多く訪れる宗教都市である。特にインド人ならば誰しも一生の間に一度は訪れて「沐浴」をしたいと願う場所として有名である。ただ都市というのは名ばかりで、貧民街を思わせるようなその光景には唖然とした。見学する場所を移動するたびに道があまりにも混雑していて、容易に前に進めないのにはほとほと困惑した。混雑といっても実際には人々、バイク、荷馬車、さらに牛が道路をふさいでいてどうにもならなかったのだ。

この日訪れたバーラト・マーター寺院は、母なるインド(バーラト=インド、マーター=母)という意味で、寺院内には大理石で作られたインド全体の立体地図がある。これから先何度もインドの寺院やモスクに入ることになるのだが、そこではいつも靴を脱がなくてはならず面倒くさいうえに床は汚れていて、閉口した私は以後靴下を二重にはくことにした。この日の見学はこの寺院1ヶ所だけで、あとはお土産好きな我々日本人のためにインドの有名なサリーやショールのシルクの店に連れて行かれた。ともかくどこへ行っても人人の山で私は人疲れしてしまった。夕食はホテルで、有名なインド料理 ‘タルドリー’料理を楽しんだ。夕食後サイクルリクシャーに乗って、夜の沐浴を見学しに出かけた。

3日目、前日よりさらに早く5:30に起こされ6:15分にホテルを出発し、バスで前夜と同じく「沐浴」で有名なガンジス川(ガンジス川はインドの他の川と異なり北南に流れている)に向かった。朝なのにガート(沐浴場)はものすごい人でごった返していた。ここは3000年以上の歴史を持つヒンドゥー教シヴァ神の最大の聖地で、生と死を見つめる母なる河に沿ってガートが84箇所岸辺に連なり、早朝から沐浴する人、聖水をくむ人、花売りの声など喧噪を極めていた。

我々はボートに乗り込んで、ガンジス川の側から沿岸のガートを見学した。川の水はあまりにも汚れていて、清潔好きの日本人がここで沐浴するのはちょっと躊躇させられると感じた。南端から緩やかに弧を描くガートを北上し岸辺に上がろうとする所で目先に焚き火をしているのが見えた。するとガイドさんに20mまで近づいたら写真を撮らないように言われた。それはヒンドゥー教の茶昆(火葬)であったからだ。私がガイドさんに茶昆の後遺体をどうするのか尋ねたところ、ガンジス川に流すと言う。よく見るとその遺体は普通の服装を着せられていて人の最期の衣装にしてはちょっと貧しく思われ、私は‘カルチャーショック’というか心に痛手を受けた。その後黄金寺院のあるヴィシュワナート寺院に向かった。途中、迷路の様な路地を通る際何かを踏んだと思ったら、てんこ盛りの牛のフンであった。インドの道端には、何と牛だけでなく犬のフン、時には人間のフンも普通に転がっているのにはさすがに驚いた。黄金寺院に到着したらそこには警備のための軍人らしき人が多数いて、写真撮影のみならず、荷物の持ち込みすら禁止させられた。なぜそれほど厳しいのだろうとそのときは不思議に思ったが、中に入ってその訳が分かった。そこにはヒンドゥー教の寺院とイスラム教のモスクが囲いもない状態で隣り合わせにあって、我々が訪れた数週間前にもイスラム教徒がヒンドゥー教徒に向かって傷害事件を起こしたらしい。そういうわけで警備が厳しかったわけだ。

次に昼前に仏教四大聖地サルナート観光をした。サルナートはベナレスから10kmほど離れた小さな町で、ブッダ(釈迦)が初めて説法したと言われる仏教徒の聖地である。ここではムルガンダ・クティー寺院を見学した。この中には壁いっぱいにブッダの生涯を描いた壁画があり、説明によると戦前に日本人画家が手がけた作品であるようだ。特に、ブッダがこの地にたどり着いて亡くなる寸前の涅槃の図が大きく描かれていて印象深かった。そしてその後、もうひとつの目的地サルナート考古学博物館を見学し、午後の飛行機で次の訪問地、ガジュラホへ向かった。

[ ↑ページトップへ ]


スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network