<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜

プーシア州のバーリを出発してバスで1時間30分、洞窟住居で知られるバジリカータ州マテーラに向かった。マテーラは1993年、ユネスコ遺産として登録された町で、丘の上に位置する。最初に見えてきたのは大聖堂の塔だ。凝灰岩でできている丘の頂にはチヴィタ(都市)と呼ばれる旧市街、そしてその西側の斜面には新市街が広がっている。東側はグラヴィーナ川に侵食されて深い峡谷となり、断崖や急斜面が続く地形である。そこには14世紀に築かれたとされる城壁が一部残っていた。細い坂道を登り切るとドゥオーモ広場にたどりついた。その広場から見るサッシ(洞窟住宅)の旧市街の光景はまさに圧巻である。そしてトンネルの様な路地を抜けるとそこには洞窟住宅が間近に立ち並んでいて、ふとこれはどこかで見たことのある光景であることを思い出した。それは昨年世界に公開されて反響を呼んだ映画「パッション」に出てくる場面そのものであった。現地の人に確認してみると、やはりその映画のロケーションとして使われたとのことであった。旧市街を抜け新市街に入ると今度はサッシとはまるきり趣の異なる建物が目の前に広がっていて、二つの顔を持つマテーラを実感した。

マテーラを後にして、次の訪問地アルベロベッロに向かった。なだらかな丘が続く農村地帯を過ぎると牧草地が続き、ブドウやオリーブ、アーモンドの畑が広がっていた。そしてキノコのカサの様な屋根をもった奇妙な建物「トゥルッリ」がポツリポツリと見えてきた。アルベロベッロの中心地ポポロ広場には1400棟ものトゥルッリが立ち並び、それは現代のおとぎの国を思わせる光景であった。アルベロベッロはイタリア語で「美しい木」という意味で、私が想像していた以上に旧市街は広く、あたかもタイムトンネルを通って中世に戻った気分にさせられた。昼食にはこの地方の名物であるパスタ「小さな耳」(オレキエッテ)が出されたが、マカロニやオレキエッテが苦手な私はほとんど口にしなかった。空腹に耐えながら私は再びバーリに戻った。

そして7日目、バーリを早朝に出発して移動すること261km、ナポリに入った。ナポリは車窓より見学するのみでさらにポンペイに向かった。ポンペイではあいにく小雨交じりで多少肌寒いくらいであった。この古代都市ポンペイは2000年以上も前に栄え、ヴェスーヴィオ火山の噴火によって一日にして火山灰にうずもれた町として有名である。ここの遺跡は世界遺産にも登録された荘厳なつくりで、かつてはスポーツジムや共同浴場、居酒屋、神殿などが存在したと言われている。以前私がイタリアを訪れたときは旅行中風邪をこじらせてしまいポンペイに来ることができず残念な思いをしたが、今回は体調も万全でゆっくり見学することができた。ポンペイを発ってその夜の宿泊地ナポリに到着した。夕食には超ビックサイズの名物ピッツァがテーブルに供され、驚いた。

8日目、午前中はナポリの国立考古学博物館を見学した。この建物は1585年騎兵隊兵舎として建てられ1777年に博物館に改築されたものだ。ここには有名な「ファルネーゼの雄牛」、モザイクの傑作「アレクサンドロ大王の戦い」や、四人の天使を描いた青いガラス壷などが広い空間の中に整然と展示されていた。たまたま我々が見学したこの日は職員がストライキ中で、正面玄関は閉じられていたが、なぜか運良く我々のグループは入館することができた。しかし、私のナポリの印象は「暗い泥棒の多い町」であり、あまり良い印象とはならなかった。せめて買い物好きな私にはうってつけな町だと思われたが、これも危険を理由にガイドに止められてしまった。

午後には「青の洞窟」で有名なカプリ島へ渡り、「青の洞窟」観光を予定していた。せっかく訪れたカプリ島の冬の海は波が高く予定を叶えることができなかった。私としては、この旅行の最大の目的であった「青の洞窟」観光ができなかったことは、返す返す残念であった。ということであまり良い印象を抱くこともなくカプリ島から再びナポリへ戻った。そして、その夜の夕食はディナー形式で地元の美味しい魚のグリルをワイン片手に食し、翌日はもうミラノ経由で日本に帰国するということもあって、同行した仲間と夜遅くまで飲み明かした。 

こうして今回の南イタリアの旅は私にとって、歴史や遺跡などさまざまなことを学ばせてくれる有意義なものとなった。

[ ↑ページトップへ ]


スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network