<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜

バルト3国といえば、バルト海沿岸に面する国あるいは旧ソビエトから独立した国というイメージしかもっていなかったが、現実に訪れてみればいろいろなことが分かったので、今回紀行文の一端としてご紹介したい。

「バルト」と言えば狭義と広義の意味がある。狭義で言えばリトアニア、ラトヴィア、エストニアのバルト3国を指している。広義ではバルト海東南岸地域に存在する9カ国からなる沿バルト海諸国を指すようだ。今回訪れて一番驚いたのは3国それぞれが違った歴史と習慣、文化を持っているということである。貨幣、人種、言葉なども違い訪れる我々を驚かせた。

<リトアニア編>
(1日目)
午前11時、成田発のフィンランド航空で経由地ヘルシンキに向かった。その後1時間15分かけて第一の訪問地リトアニアのヴィリニュスに到着した。空港より30分で首都ヴィリニュスの郊外にあるホテルに入った。

(2日目)
朝7時に起床し朝食の後、9時にホテルを出発して第一の訪問地トゥラカイ城を訪れた。この城は30もの湖と森に囲まれた赤レンガの古城である。14世紀後半に騎士団の侵略を防ぐためヴィタウタス大公が建設したものだ。一時はポーランド側に権力が移り廃墟となっていたが、1987年に復元された。非常に美しい城で14世紀から15世紀の繁栄を思わせるものであった。城見学の後、昼食のため村を散策したが中世の時代に建てられた民家は15世紀当時のものが多く建ち並び訪れる人を楽しませてくれた。昼食には大きなキビナイ(ミートパイ)とコンソメ風のスープが出された。これがとてもうまくあっという間にたいらげた。バルト3国はビールが美味しいと聞いていたので頼んでみると大きなジョッキで出てきた。

昼食後40分くらいかけてビリニュスに戻り市内観光をした。まず聖ペテロ&パウロ教会を訪れた。ここはネリス川沿いにある教会でバロックの「凍れる音楽」と呼ばれ室内には2000以上の漆喰彫刻があり訪れる我々を驚嘆させた。この教会は7年かけて建設され、内装にはなんと30年もの時間を費やして製作されたという。わざわざイタリアから彫刻家を呼び現地の職人数100人も協力した。前のローマ法王のヨハネ・パウロ2世(1978-2005)も合同ミサのため訪れたという。

次にヴィリニュス市内が一望できる展望できる丘と、さらに高い山に築かれているゲディミナス城をケーブル・カーで登った。現在は城壁の塔しか残っていないが、この塔から眺めるヴィリニュスの街々のパノラマは素晴らしく一時の時間を忘れさせてくれた。

次に16世紀後半に建設されたゴシック様式の聖アンナ教会に立ち寄った。この教会は一部修復が進められていたため入場しなかったが、少し離れたところから見るこの教会の景観はヨーロッパで数多くの教会を見る私としても大変素晴らしく、ナポレオンが1812年にロシアへ攻め込んだときこの教会を見て「我が手に収めてフランスに持ち帰りたい」と語ったのが納得できた。見学後近くにあるアンバー・ミュージアムを覘いた。バルトの宝石といわれる琥珀が展示され、良質の琥珀ジュエリーを購入することができる。最後に日本のシンドラーと称された杉原千畝記念碑を見学してホテルに帰った。

夕食はリトアニアの伝統料理ツェペリナイ(ジャガイモを使った料理)とローストチキンサラダを頂いた。ジャガイモ料理が好きな私にとって最高の料理だと思っていたが、小麦粉を練ってジャガイモとミックスしたものだったので私の口には合わなかった。夕食後ビールを飲みたくてレストランに行ったが、残念ながらビールが売り切れて飲めなかった。ホテルなのにビールがないとは何事かとつぶやきながら帰った。明日のために早めに睡眠をとった。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network