スコットランド
スコットランド(3)

スコットランド(Scotland)
7.9万平方キロメートル 525.4万人(2012年)
首都 エジンバラ
言語 英語、スコットランド・ゲール語 等

(第4日目の続き)

 ゴーダ―城の見学後、次の訪問地ウイスキー蒸留所へ向かった。途中ウイスキー街道を通過する際、スペイ川という渓流のまわりに、多くのウイスキー蒸留所が集まっていた。さすがスコッチウイスキーの本場スコットランドだなぁ〜と思わされた。  我々は、シーバスリーガルの醸造元であるストラスアイラ蒸留所を見学した。 01.jpg
ウイスキー蒸留所が集まるエリア
02.jpg
蒸留所の表札及び案内板
03.jpg
ストラスアイラ蒸留所前にて

 蒸留所に入ると、すでに何組かの人々が工場の案内人を待っていた。しばらくすると、男性の案内人がやって来て、我々は彼の後に続いて蒸留所の中に入った。
04.jpg
蒸留所外観
05.jpg
近代的な内部

 見学は約40分位あり、その後、期待していた試飲があった。
 年代が違うシーバスが4つの小さなグラスに分けられ試飲を味わった。
06.jpg
試飲のグラス
07.jpg
12年と18年物のシーバス

体の中に、濃い琥珀色の美しい液体を流しこむと胃袋がカッと熱く反応した。ウイスキーのフレーバーを鼻で味わう。次にその鮮烈な喉ごしを舌の上で味わうのがティステングのやり方である。特に、12年物のシーバスは円熟したまろやかさと華やかな香りがあり、熟成感が最高であった。しかし糖尿病がある私にはちょこっと飲むくらいしかできないのが残念であった。

 ストラスアイラ蒸留所を見学していると、NHK連続テレビ小説『マッサン』の場面が思い出された。

 美味しいウイスキーの香りを残して、我々は今日の宿泊地アバディーンのホテルに向かった。
08.jpg
ウイスキーの塔

(第5日目)

 朝早めに起床して、朝食後今日の見学地セント・アンドリューズ(St Andrews)に向かった。
 アバディーンから約2時間(130q)くらいかけて到着したときは、もの凄い海風で体が吹き飛ばされそうになった。
09.jpg
パースの町を走行
10.jpg
風で吹き飛ばされそう

 こんなところで本当にゴルフができるんだろうかと思ったくらいである。ガイドさんに聞くと、このオールドコースは、"神が造りたもうたコース″と呼ばれているらしい。長い年月をかけて海と強風によって造り上げられた自然の地形をそのまま利用したコースだと教えてくれた。
11.jpg
テレビでよく出る建物
12.jpg
グラブハウス前にて

 また、セント・アンドリューズは「ゴルフの聖地」としてつとに有名で、5年に一度、四大メジャー大会が開催され、その中でも最古の歴史を誇るゴルフ大会・全英オープンがこの「オールド・コース」(Old Course)を舞台に開かれているという。
 私はあまりゴルフに詳しくないが、名前くらいテレビなどで知っていたので感激した。
13.jpg
オールド・コース
14.jpg
有名な橋の上で

 お昼は、マクドナルド・ルーサックスホテルでオールドコースを眺めながらビーフ料理をいただいた。 15.jpg
オールドコースを見ながら食事
16.jpg
新鮮な野菜サラダ
17.jpg
ビーフ料理

 このホテルは由緒があるらしく、ロビーラウンジや施設内にこれまでの歴史や、有名ゴルファーの写真が飾られていた。その中には私でも知っているジャック・ニクラスなどの写真が飾られていた。

 昼食後、セント・アンドリューズの直営のショップでゴルフ用品やお土産を旅友と買った。
18.jpg
昔のプレイヤー
19.jpg
歴代の名プレーヤー
20.jpg
ジャック・ニクラスのフォーム


 次に約1時間半位かけて次の見学地であるスターリング城に向かった。
 この城はスコットランドで最も壮麗な城で、ルネッサンス様式の城郭を持つ。スコットランドの首都エディンバラとスコットランド最大の都市グラスゴーを結ぶまん中よりわずか北寄りに位置し、古くから「スコットランドへの鍵」といわれこの城を制する者はスコットランドを制すると称された重要な拠点であった。また、スコットランドとイングランドとの攻防の歴史の中で戦略的に重要な位置を占めてきたようだ。何よりもメアリー女王が生後9ヶ月で戴冠式を行った城として有名である。
21.jpg
観光客で賑わうスターリング城

 何年か前に観た、メル・ギブソンが主演・監督したアメリカ映画「ブレイブハート」で有名になったウイリアム・ウォレスとその意志を受け継いだロバート・ザ・ブルースの像が城に入る両側に立っていた。
 我々が到着したときは、あいにく雨が降っていたが、それでも観光客で一杯であった。
22.jpg
ウイリアム・ウォレスの立像
23.jpg
ロバート・ザ・ブルースの像

 スターリング城は、明日見学予定のエディンバラ城より小さいといわれているが、スコットランドの歴史を学ぶ上で重要な位置を占めるお城である。
 城内は、16世紀当時の様子が分かるキッチン、レプリカの玉座があるグレート・ホール、博物館などがあった。
24.jpg
蝋人形で作られた料理人
25.jpg
王と王妃の玉座
26.jpg
グレート・ホール内

 何よりも城壁から見るパノラマは素晴しいのだが、天気がいまいちだったので遠くエジンバラまで見渡すことができず残念であった。

 見学後、今日の宿であるリビングストンのホテルに向かった。
27.jpg
城壁から見る眺め

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network