このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九彬〜

台湾(Taiwan)
面積 3,600平方km 人口 2,316万人 宗教 仏教/道教/キリスト教
主要都市 台北 高雄 言語 北京語 福建語 客家語
外務省HP2011年3月現在基礎データより

(第2日目)
午前中、体調が優れなかったので完全休養した。昼食後早川氏の他、ホテルのスタッフである張女史を案内人にして国立故宮博物院を訪れた。この博物院は数年前訪れたロシアのサンクトペテルブルグにあるエルミタージュ美術館に引けを取らないくらい広大な博物館である。何しろ中国の歴代皇帝のコレクションが収蔵されており、その数が約62万点もあり全てを見るのには8年かかるという。

ではなぜこれだけの展示物が島である台湾にあるのか不思議に思っていた。そのなぞが解けた。中国最後の王朝である清が倒れたとき、歴代王朝から収蔵されていた財宝は中華民国が受け継いだ。1925年北京の故宮(旧紫禁城)の財宝を一般公開した。


その後日本軍の中国侵略が激しくなった為1937年に多くの財宝を北京より上海、次に南京(当時の首都)に移した。さらに日中戦争が勃発した為、南京から大陸の奥地に保管した。1945年日本の敗戦によって南京に戻ったが、その後の国共内戦で蒋介石率いる国民党が敗北し、大陸を脱出して台湾に逃げ込んだ。その時南京あった財宝を軍輸送艦で台湾に運ばれた。これが経緯である。よって北京の故宮博物館の内部はほとんど展示物が無かった意味が今分かった。 ともかく収蔵物が多い為、名宝といわれるものを中心に見学した。






故宮博物院の後、台湾の伝統人形劇「布袋戲」を体験できるレストランに向かったが、残念ながら引越ししたらしく見ることが出来なかった。そこでこの劇を主宰する陳建華氏の奥さんに偶然会い、新しい引越し先を案内してもらった。ここで人形劇に使う人形を販売しているというので早川氏と向かった。新しい劇場予定地では陳建華氏が迎えてくれた。劇は観れなかったが人形を買うことが出来た。




※問い合わせ先:台湾金光布袋戲  台北市南京東路2段41巷16號1樓  
Tel:(02)2506−7447

(第3日目)
朝、早めに朝食を済ませてチャーターしたタクシーで九フン(にんべんに九)に向かった。九フンは台北から車で約1時間くらいのところにあり、日本の日光いろは坂よりも急な坂道を登った山間にある小さな町である。石段や薄暗い路地などが山の斜面に造られていた。まるでレトロな風情があり、ちょっとノスタルジー的雰囲気を漂わせるところである。





台湾で大ヒットした映画『非情城市』の撮影に使われたり、宮崎駿のアニメーション映画『千と千尋の神隠し』の舞台のモデルになった人気の観光地である。
旧道から坂道を登って基山街といわれる石段を上っていくと狭い小径に小さな土産物や露店がひしめき合っていた。 西側にある石段を少し下ったところに有名なロケ地があった。何か我々も映画の主人公になった思いがした。


ここでゆっくりしてから清代からの老街である金山に立ち寄った。ここはアジアの歌姫テレサ・テンが眠る墓があることで有名である。
また温泉地でもあったので、我々は温泉につかることにした。日本の温泉を真似ただけあって露天風呂などがあり、疲れた体を和ましてくれた。夜は台湾料理で有名なレストランで食事を堪能した。


[ ↑ページトップへ ]


スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network