フィンランド
フィンランド(2)

フィンランド(finland)
33.8万平方キロメートル 549万人(2016年4月末時点)
首都 ヘルシンキ
言語 フィンランド語、スウェーデン語 等

(第6日目の続き)

 サウナ施設を見学したの後、ヘルシンキでもっとも有名なテンペリアウキオ教会Temppeliaukion kirkko)を訪れた。
 この教会は、1961年にティモ&トゥオモ・スオマイネン兄弟によって設計されたもので、フィンランドの自然をテーマに「できるがぎり自然の岩を残す」を重要視して、天然の岩をくり抜いて造られた。
 岩肌がむき出しになった教会の中に入ると天井から降り注ぐような神秘的な自然の光が祭壇を照らす趣向が素晴らしい。
1.jpg
岩の上に作られた十字架
2.jpg
美しい曲線を描く教会内部
3.jpg
自然光で照らされた祭壇

 教会の後は、海を眺めるモニュメントたちと題したシベリウス公園に行った。この公園は、緑豊かで海を見下ろす小高い丘に金属製モニュメントが2つあった。一つは公園の名前になっているこの国の作曲家ジャン・シベリウスの顔面彫刻、もう一つは森の樹をイメージしたようなパイプの集まりであり、特にシベリウスの顔面像はシベリウスの神経質だったと思わせるような、眉間に彼が作曲した交響曲の数である7つのシワがきざみこまれていた。とてもユニークな像である。
4.jpg
シベリウスの顔面像前にて
5.jpg
パイプで作られた森の樹

 昼食前にヘルシンキ大聖堂に行った。
 この天空に浮かぶような美しい白亜の巨大聖堂は、ヘルシンキのシンボル的存在で1852年に建造されたもので、5つのドームを持つルーテル派の総本山である。以前は聖ニコラウス教会と呼ばれたらしい。
 教会の前にはロシアの皇帝アレクサンダー2世の像がそびえ立っていた。
 残念ながら大聖堂は外観だけの見学になった。
6.jpg
雄大に立つヘルシンキ大聖堂
7.jpg
白亜の大聖堂
8.jpg
皇帝アレクサンダー2世像

 昼食は広場の前の建物の2階にあるレストランSunn行った。
 窓際の席で広場を見渡しながら食事ができる席を用意してくれ、料理もスモークサーモンのオープンサンド、ミートボール、チョコレートのベリー添えをいただいた。
9.jpg
Sunnの看板

10.jpg
窓から見える大聖堂
11.jpg
サーモンの載ったサンド

12.jpg
豚と牛肉のあいびきで作られたミートボール

13.jpg
チョコレートベースのスイート

 食事後、フィンランドを代表する3大ブランド(マリメッコ・イッタラ・アラビア)の本社に立ち寄りショッピングした。マリメッコ(Marimekko)はフランス語で「マリちゃんのドレス」という意味らしい。マリメッコはともかくカラフルで大胆なデザインが特徴である。ショッピングしていても楽しい。次のイッタラ(Ittala)とアラビア(Arabia)は同じ会社で、ガラス製品はイッタラ、陶磁器はアラビアで分けられテーブルウェアブランドとして1800年代から不動の地位を築いている。私もお土産を買うのにちょうどいい価格で助かった。ましてや本社で買う品はシッピングモールで買うより3割くらい安いのでうれしい。
 楽しいショッピングを終えてホテルに戻った。最後の夕食はビーフパストラミサラダ、ラム肉のローストポテト/グラタン添え、キャロットケーキであった。
14.jpg
ビーフの載ったサラダ
15.jpg
ラム肉の料理
16.jpg
イチゴケーキ
 さあ明日は帰国だ。今夜はフィンランドの楽しかった思いを頭に入れてゆっくり寝よう。

(第7日目)(第8日目)

 午前中、フリータイムだったので、同行者の方々とヘルシンキの町を散策した。まず宿泊したホテルから歩いて5分ほどの距離にあるヘルシンキ中央駅に行ってみた。
 ここにはフィンランドの鉄道VRや地下鉄、トラムの駅、バスターミナルなどが集中し、ヘルシンキの交通の玄関口として、毎日多くの人々に利用されている。丸いアーチの窓が美しい建物に、早速入ってみた。
17.jpg
ヘルシンキ中央駅前にて
18.jpg
モダンな駅内

 駅舎の中は広々としていて、光が差し込むロビーは100年前に作られたとは思えないモダンな雰囲気を醸し出し、駅舎内にバーガーキングやファストフード店があったのには驚いた。
19.jpg
バーガーキング店も見える
20.jpg
ファストフ−ド店

 中央駅は、1860年に開業した歴史有る駅で、現在の建物は1919年に完成したものだそうだ。一日に約20万人もの人々が利用しているのだそうだが、決してごみごみした感じはなかった。ドアを開けてプラットホームに出てみたら、10以上の線路があり、フィンランド各地へ出る列車が運行しているそうだ。
 遠くはロシアにも行くらしい。かつては、シベリア鉄道の終着地点だったそうだ。もしちょっと時間があったら、中央駅見学ツアーを楽しむのも意外といいかもしれない。
21.jpg
大時刻掲示板
22.jpg
大きいプラットホームにて
23.jpg
VR超特急―アイホン

 駅見学を終えてから、2006年に公開された映画「かもめ食堂」にも登場したアカデミア書店に立ち寄った。
 店内に映画の主人公が「ガッチャマンの歌」を歌っていたカフェ・アアルトがあった。
24.jpg
アカデミアの入るビル前
25.jpg
雪に覆われたヘルシンキの町
26.jpg
マイナス15℃の町にて

 楽しいひと時を終えてホテルの戻り、出発の準備をしてバスに乗り込んだ。空港には1時間足らずで到着して早速チェクインして搭乗を待った。しかし、ハプニングが起こった。我々が搭乗するAY73便成田行きがキャプテン不調のため突然欠航になり、翌日のJAL414便に変更になった。考えられないことだ。そのため空港近くのHoliday Inn hotelに一泊することになった。しかし、何とか1月5日無事帰国することができた。
 今回のフィンランドの旅は、想像以上に充実していて素晴らしい研修旅行であった。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network