<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜

ポーランド共和国(Republic of Poland)
面積 32.3万平方キロメートル 人口 約3,814万人
首都 ワルシャワ 言語 ポーランド語 宗教 カトリック
外務省HP2010年8月現在基礎データより

ドイツ連邦共和国(Federal Republic of Germany)
面積 35.7万平方キロメートル 人口 8,200万人 宗教 キリスト教 ユダヤ教
首都 ベルリン 民族 ゲルマン系を主体とするドイツ民族
外務省HP2010年10月現在基礎データより

<ポーランド・ドイツ編> 

<第4日目>
アウシュヴィッツ強制収容所から3kmほど離れた場所に第2強制収容所「ビルケナウ(ポーランド名:ブジェジンガ)」がある。ポーランド国内に約1300以上ある収容所の中でもアウシュヴィッツと並び最大の規模を誇っていた。この2つの収容所のことを絶滅収容所と呼び一大殺人工場であった。ここは元々ポーランド軍砲兵隊の兵舎を利用している。

バスを降りてすぐの所にこの収容所のゲートがあり、通称「死の門」と呼ばれ、中央が2階だてになっていた。中に入ると映画やテレビなどよくマスコミに出てくる鉄道引込み線がありその長さは何キロにも渡っているのにはびっくりした。引き込み線の両側に広大な区画が広がり碁盤の目のように規則正しく歩道が作られていた。正面に向かって右側は男性中心で囚人や捕虜になった人が収容されるバラック状の建物が並んでいた。反対側の左側には女性、子供、年寄りが収容された施設が今も建っていた。そこを区分するため有刺鉄線が張り巡らされ、それが唯一当時の状況を偲ばせた。バラックの内部を2ヶ所見学した。1ヶ所は収容者が寝泊りしたらしく、ベッドが3段式になっており1段の囲いには3人から4人、多いときは6人くらい寝かされていたという。それが生々しく当時のままに残されていた。次のバラックは集団洗面所(トイレ)であったらしく、部屋の中央にコンクリートで作られたいくつも穴だけ空けられたものがあった。説明を聞くとこれは囚人用のトイレで、使用は 30秒間だけ許可され紙は80センチの長さのものしか与えられなかったという。それも1日1回のみしか使用することができなかった。これではチフスなどの感染症を起してくれといわんばかりである。ともかくこの収容所はとてつもなく広く見学するには時間が足りなかった。我々グループは引込み線上のあるところに献花して犠牲になった方々の冥福を祈った。

  

ビルケナウを見学した後、約230km離れた次の訪問地ヴロツワフに向かった。ヴロツワフ(Wroclaw)はポーランド西部に位置し、第4の都市でこの国では最も古い歴史をもち200以上の橋が架かっていることで有名である。一時はドイツの一部であったこともある。近年は金融の中心地として中世ポーランド王国の伝統を守っている。旧中央広場が中心に市庁舎、日本庭園があるシチトゥニツキ公園、聖アルベルト教会などが見どころである。特に市庁舎の複雑なシルエットが素晴らしかった。またこの広場の一角にあるレストランで食べた肉とキャベツの煮たピコス料理は格別であった。この夜は広場近くのホテルで宿泊した。

 

<ドイツ編>

<第5日目>
朝、国境を越えて、ドイツ最初の訪問地ドレスデンへ入った。この都市は東部ドイツ有数の大都市で「百塔の都」やエルベ川のフィレンツェとうたわれたところで、中世の時代には商業都市として発展し、16世紀以降、ザクセン選帝候の宮殿都市として栄えた。後期バロック様式による宮殿や教会、王の居城や貴族の館が建ち並んだ街は第二次世界大戦では徹底した空爆にあい一夜にして中心部はほぼ灰燼に帰した。1990年の東西ドイツの統合後、歴史的建築物の再建がなされた。その中でも王妃の宮殿再建や瓦礫の堆積の山だったフラウエン(聖母)教会の再建は殊に有名である。昨年になってやっと昔の姿でよみがえったと聞き、我々は運がいいなぁと思った。

ドレスデンといえば城北東側にある武芸競技場だったシュタールホーフの外壁にマイセン磁器のタイルによって描かれた、長さ101メートル『君主の行列』の壁画が有名である。よく戦火を免れて奇跡的に残ったものだと感動した。夢中で大壁画を写真に収めようと必死になってシャッターを押した。私が泊まったホテルはこの壁画の斜め前であったのと旧市街の中心に位置していたため、どこを見学するのにも容易であった。今回は絵画館、ツヴィンガー宮殿、ドレスデン城、フラウエン教会、ブリュールの展望台を見学した。特に展望台から見るエルベ川対岸のノイシュタット(新市街)や旧市街の眺めは素晴らしく、まるで絵葉書を見るような光景であった。

 

夕食は旧市街の外れにあるレストランで久しぶりの中華料理を堪能した。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network