<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜

前回ミャンマー、ラオスそしてタイを訪れたが、タイでは主に北部の第二の都市チェンマイ訪問であったため、今回はタイの首都バンコク郊外を回ることにした。バンコクといえばタイの中でも別世界で桁外れに大きく、そして近代化された大都市である。通称魔性の都市と言われ、まるで迷路が集まったような街であり、陸上や水上の交通路が発達し公共交通として利用されている。今回の訪問前にバンコクの騒乱(ブログ参照)で外務省からも「バンコク都他周辺地域に対する非常事態宣言の発令に伴う注意喚起」が出されている中の訪問であった。過去に2度バンコクを訪れたが、今回のようにバンコクを代表するカンチャナブリーと遺跡の街アユタヤー(世界遺産)、そしてビーチリゾートとして有名はパタヤを見る機会は中々ないのでどうしても行きたかった。

(第1日目)
5月1日、タイ航空で成田をたってバンコクに向かった。バンコクには5時頃到着した。同行の早川氏といっしょに空港近くのホテルに入った。早川氏が風邪を引いていたのでこの日は彼の治療を行い、自分の荷物を整理した。ともかく明日のツアー集合がバンコク市内中心にあるホテルなので、早く起床する必要があり早めに睡眠をとった。

(第2日目)
朝6に起床し、朝食後7時にホテルをたって市内の中心にあるホテルに集合し、我々2人と他のホテルの旅行3人の5名が同行することになった。チャオプラヤ川をクルーズ船にて北上し、約80kmを3時間半かけてアユタヤの町へ行った。途中バンコクを代表する王宮やワット・アルンなどを見ることができた。

 

先ず訪れた歴代王の夏の離宮バン・パインは1632年プラサート・トーン王によって建造され歴代君主が使用した。その後王朝の滅亡後、一時は荒廃したがラーマ4世によって再建された見事な宮殿である。特に湖のまんなかの島に立つ見晴台はタイ風建築で水上パレスとして人気を誇っている。次にワット・ロカヤスタを訪れた。ここには釈迦寝仏(全長28m)が横たわり、多くの訪問者が訪れていた。この場所からさらに奥に入り、スリランカ風の仏塔があるチャオプラヤ・タイ寺院、3人の王が眠る王室の守護寺院ワット・プラ・シー・サンペット、ラーメスアン王が建てたワット・マハタート寺院を次々に見学した。特に木の根の間に神秘的な力を感じさせる仏像の頭部がある場所が印象的であった。ともかく朝から寺院巡りと遺跡巡りでほとほと疲れた。

 

 

 

アユタヤはこの地で活躍したと言われる山田長政の軌跡を偲ばせるものがあった。長政がソンタム王から最高の爵位を与えられシャムの重鎮となったのは有名であり、長政が駆け抜けた時代の息吹を感じる思いがした。帰りはワゴン車風のリムジンでバンコクに戻った。この夜は中心街が騒乱状態にあったので、中心から外れた有名な中華レストランで食事をとった。いつもだと早川氏と宴に興じるところだが、風邪っ気が抜けない早川氏のために、早めに睡眠をとった。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network