<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜

(第3日目)
朝7時ごろ起床して、朝食を摂った後迎えのバスに乗り込んで上海から2時間かけて“東洋のベニス”と称される蘇州に到着した。蘇州には世界遺産が4つもあり大変風光明媚な場所で、名園が多くたくさんの観光客で賑わっていた。予定を変更して最初に造園芸術の傑作と言われる「拙政園」を訪れた。さすがに世界の名園といわれるだけあって園内の眺めは素晴らしく我々はこれらにただただ見入ってしまった。この日は前日とは打って変わって晴天であったが、残念ながら黄砂の影響か空はどんよりと曇っていた。

 

この後蘇州料理を食べたのだが、ことのほか美味しかった。ここでは竪琴をかく歌い手が日本の「蘇州夜曲」や「川の流れのように」を演奏して我々を楽しませてくれた。

 

それから南北朝の天覧年間に建設された禅宗の古刹で、高僧・寒山が住んだことから名付けられた「寒山寺」を訪れた。ここには日本から寄贈された鐘もあり、三蔵法師、鑑真そして空海像(写真:6)が同じ建物の中にあったのが印象的であった。

 

この後、蘇州観光を代表する古運河遊覧を楽しんだ。そのまま蘇州の古い町並みを運河から眺めて「虎丘」斜塔を訪れた。ここは春秋時代末期に建てられたと伝えられ白虎が現れたことから虎丘と名づけられた。そして何といっても中国版ピサの斜塔とも呼ばれる“雲岩寺塔”があることで名高く、高さ47メートル八角七層、全てレンガで造られ15度傾斜している。その全容を写真に撮るのに苦心した。そして上海に戻って夕食は最も繁華街にある百貨店の最上階にある「_江南」で四川料理を堪能した。あまりにも多くの素晴らしい料理に紹興酒が利いてちょっと酔っ払ってしまった。その夜はマッサージに行ってホテルに戻り爆睡した。

 

(第4日目)
最終日は朝遅く起きてゆっくり行動する予定を変更して、ガイドさんの案内で上海近郊にある「朱家角」を訪れた。ここはまさに中国のレトロな町並みの広がる“水郷古鎮”で古きよき中国を思わせるところで、近代都市上海から来た我々は何かタイムトンネルを通ったかの様な錯覚に陥った。迷路のように張り巡らされたクリーク沿いに白壁、黒瓦の家並みが連なり日本で言う船頭さんの漕ぐ舟で36ある橋をくぐり悠久の歴史探索を楽しんだ。この水郷は私に言わせれば有名な蘇州のそれより素晴らしく美しかった。特に美周路沿いに並ぶ屋台はとても面白く、ついついいろいろな物を買い漁ってしまった。その中には今年行なわれる北京オリンピックのキャラクターの光るピンバッジもある。
その後、上海市内に戻ってガイドさんに連れられて三人で上海の銀座・南京路を名物の豚肉の串焼きを食べながら“銀ブラ”した。ここには意外にも日本の飲食店が多数ありその中の九州ラーメンの店で日本の味を味わった。
そして5時の便で上海を飛び立った。ここでハッピーエンドと行きたかったのだが、携帯電話をなくしているのに気づいた。それが分かったのは出国検査後であったため、慌てて連絡を取って空港までのバスの中で見つかりその場は事なきを得たと思った。ところが帰国後何日たっても携帯は送られて来ず、再度問い合わせてみたところ中国では計器類を宅配や郵便で送ることが出来ず困り果てた。運よくその後中国に行く旅行者の職員の取り計らいで手元に戻った。まさに中国の一面を見る思いがし、中国は何でもありだと痛感した。

その数日後、四川で大地震が発生し多くの犠牲者を出している。もし元々の目的地で何日か日にちがずれていたらと思うと命拾いした思いがする。
今回の研修旅行はある意味いろいろな体験の連続と予期せぬできごとの連続であった。

最後に地震で被災された方々のご冥福を祈りたい。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network