<IMG SRC="titlebar.gif" width="590" BORDER=0>
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜

チュニジア共和国(Republic of Tunisia)
面積 163,610平方km 人口 1,033万人 宗教 イスラム教スンニ派/キリスト教/ユダヤ教
首都 チュニス 民族 アラブ人 その他 言語 アラビア語 フランス語
外務省HP2010年7月現在基礎データより

朝6時に起床し、朝食後4WD車でメトラウイ駅まで行った。それはメトラウイからセルジャ渓谷までの16qを観光列車「レザールージュ(赤いトカゲ)」に乗ってパノラミックな旅を楽しむ為である。ただ日本と違い出発時間が来てもなかなか列車が来なかった。この列車の車両はチュニジアの王ベイ(オスマントルコの高官)のお召し列車を改造したもので豪華であったがそれは1車両のみで、客車は1両ずつ全部様子が違い、我々が乗った車両は貨物車両に座席が置いてあるだけのものだった。

出発の時間より早めに出てきたが、すでに団体ツアー客が殺到し座席が全く無かった。しかし車両と車両の間で知り合ったフランス人のおじさんがえらい日本人びいきで意気投合し、自分の座席を譲ってくれた。そうこうしている内に大自然の渓谷に到着し全員が降りて雄大な景色を満喫した。15分位たってからから再び列車に乗り、荒々しい山肌を抜けて終点セルジャに到着した。1時間半の列車の旅であった。

 

 

 

セルジャから再び4WD車で砂漠を抜けアルジェリアとの国境近くの山岳オアシスへ向かった。ここではベルベル人の住むオアシスの村シェビカ、タメルザ、ミデスを見るためだ。まず映画「イングリッシュ・ペイシェント」のロケ地で有名なミデスのバルコニーオアシスを見学し、タメルザのレストランで昼食をとった。次にタメルザにあるグランド・カスカド(大滝)を訪れたが、想像したより小規模で大きな滝を見慣れている私にとってはあまり興味を覚えなかった。

 

 

よほど小屋の集まるお土産屋さんを覗くほうが楽しかった。そして最後の訪問地シェビカの村に行った。ここは映画「インディ・ジョーンズ」のロケ地として使われた廃墟の村で更に村を抜けると濃い緑の固まりが見えてきた。そこは谷間に起状のある岩山があり谷底には湧水による泉が見られ、周りはナツメヤシが生い茂っていた。まさに映画の撮影にはもってこいの景観であった。

 

 

 

 

午後からバスで2時間半かけてドゥーズに向かった。この旅はバスの移動が多い為、最後列の座席で寝ようと思ったが、何しろ道路がガタガタでゆっくり休むことも出来なかった。ドゥーズに向かう途中塩の結晶が湖岸を埋める塩湖ショット・エル・ジェリドを横断した。この塩湖は西はアルジェリア国境から、東は地中海沿岸まで広がり、広さ約5000kuを誇る北アフリカ最大の塩湖である。

湖の道路端に掘立小屋のお土産屋さんがあり、ラクダの頭蓋骨や砂漠のバラ(ローズ・ド・サハラ)、水タバコ(シーシヤ)、革製品、などが売られていた。この小屋の後に行くとこの地でしか見られない珍獣“砂漠のキツネ”に出会った。最初は変わった犬だと思ったら店のおやじが「これはフォックスだよ」と教えてくれた。この小屋で飼われているらしい。何とか無事に今夜の宿泊地ドゥーズに到着した。この日は大晦日で夜New Year´s Partyがホテルで行われ、世界各国から来ている宿泊客で賑わった。私もダンスなどをして1年の垢を落とした。来年はどんな年になるだろう。

 

<第5日目>
日の出前の朝5時に起床し、ホテルから車で10分のところにある“ラクダ乗り”に同行者と出かけた。

 

ここドゥーズはサハラ砂漠の玄関口といわれ、見渡す限り大砂丘である。ラクダステーションでイスラム教徒の衣装を纏ってラクダに乗り40分位いったところで初日の出を体験した。ただ寒さが厳しく−3、4℃位のところをラクダに乗っていた為、体だけではなく手が凍りつくように冷たかった。一旦ホテルに引き返して朝食を済ませ、ホテルを出発した。次の訪問地はチュニジア南部に位置するマトマタである。この地には北アフリカの先住民族であるベルベル人が住む。彼らの住居は穴居住宅(La Maison Troglodytique)と呼ばれクレーターのように穴を掘り水で固めて作られている。マトマタは雨の少ない地域で乾燥している為、下へ穴を掘ることにより湿気を防ぎ、夏は強い日差しを避け、冬は保温性に優れている住居でまさに自然にマッチするように造られている。

 

ここから車で20分位行った所にやはりベルベル人の村に穴居住宅で造られたホテル・シディ・ドリスがある。このホテルは映画「スターウォーズ」の撮影に使われた場所であり、ファンの聖地ともいわれている。私もちょっとスターウォーズの世界に触れた感動を味わった。ただし料理はたいしたことがなかった。

 

次に、この日の最後の訪問地エル・ジェムに向かった。この地は古代ローマ帝国でも最も栄えた都市で1世紀には人口4万人が住み、交易都市とし繁栄し、2世紀にはゴルディアン皇帝のもと、コロセウム(円形闘技場)が建立された。世界3大コロセウムの1つでローマのコロッセオより若干小さいが保存状態は本家であるコロッセオよりも良いとされている。このコロセウムでは剣闘士の戦いや奴隷や罪人と猛獣の戦いなどが頻繁に行われていたという。

 

今日もバスによる長旅で疲れ果てスースに到着したときは、歩くのもやっとなぐらい疲れ果て食事後、深い眠りに入った。

[ ↑ページトップへ ]


スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network