<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜

(4日目)
この日は大晦日であったにもかかわらず日本とは打って変わって街の様子はいつもとまったく変わらなかった。朝、この旅としては遅めの8:30に出発して世界遺産ガジュラーホーに向かった。最初に西寺院群、次いで東寺院群を見学した。これら寺院群は以前ジャングルに埋もれていて19世紀になって発掘されたものだ。ここで私の興味を引いたのはこのヒンドゥー教寺院の外壁を埋め尽くす天女像や男女交合を表すミトゥナ像だ。一番多いもので646体の彫像があると言われ、その官能的な姿は当時の繁栄を象徴したものだ。最初遠くからは判らなかったが、近づいてみるとあまりに美しいその建築物と外壁の像に私は感動した。しかし各寺院を回り、あまりにも多くのエロティックなミトゥナ像を見入っていく内に何か赤面すらする思いになってきた。ガイドさんの解説によるとこのころのインド人は精力絶倫であったとのことだ。殊にチャンデーラの王様はそうであったらしい。

一度ホテルに引き返して1時間後、バスに乗って200kmの道のりを約6時間かけてジャンシーに向かった。ジャンシーに到着するころにはすでに日が暮れていて、更にバスの中でしばらく待たされた後、今度はシャタブディ・エキスプレスに乗り換えるためジャンシー駅の構内に入った。我々はプラットホームで目的の列車を待ったが何時間たっても列車はやって来なかった。駅構内なのに空気は依然として悪く、マスクを手放すことはできなかった。ここで私はいくらインドであるとは言え、そのいい加減な時間感覚に辟易した。線路内には本来あるべき列車ではなくネズミやイノシシ、そして牛までも往来していた。プラットホームには電灯が申し訳程度細々とあるだけで、ある売店にいたっては全くライトとも点けず営業していたのには驚いた。何時間かの後、何とかアーグラーに到着した時はすでに9時を回っていた。その晩は疲労のため死んだように眠った。

(5日目)
1月1日、元旦。前日就寝するのが遅かったにもかかわらず8:00過ぎにはもう出発してアーグラー城に向かった。この日は肌寒いぐらいの気温で私は一日中コートの襟を立てていなければならないくらいだった。赤砂岩で造られたアーグラー城は造りが壮大で、権力を誇示するかのように至るところに宝石がちりばめられていた。この城は後に訪れるインドを代表するタージ・マハルから実の息子によって追放されたムガル帝国皇帝が幽閉された場所として有名である。皇帝が遥か遠くタージ・マハルを眺めていたと伝えられる塔の上に立つと言葉では言い表せない哀愁を感ずるものがあった。そしていよいよアーグラー城から1時間かけて今回の旅行のハイライト、タージ・マハルを訪れた。タージ・マハルでは警備が厳重で、中に入るのにカメラと手荷物以外持込が許されず大変苦労した。長い通路を通ってタージ・マハルの正門に到着し、そこをくぐると真正面遠方に世界で最も美しい建築物と称される純白のタージが見えた。しかしこの日は霧が濃く、なかなか鮮明にその全貌を見ることができなかった。ここを訪れたイスラム教徒は元旦のみ1日4回の祈りの内2回をタージ・マハルに来るそうだが、元旦だと言うこともあって敷地内はものすごい数の敬虔なイスラム教徒で埋め尽くされていた。タージ・マハルはムガル帝国皇帝シャー・ジャハーンの皇妃ムムターズ・マハルのために造った墓である。皇帝はヒンドゥー教徒であったのにもかかわらず皇妃がイスラム教徒であることを考慮してタージ・マハルはイスラム建築様式だ。さらにその両側に巨大なモスクがどっしりと構えているのにはちょっと驚きを禁じえなかった。皇帝は自分が死んだ時のためにタージ・マハルの後方、ヤムナー河を挟んだ場所に同じ大きさのタージを黒の大理石で建造する計画だったが、三男の裏切りによりアーグラー城に幽閉されてしまいそれはかなわぬ夢となった。悲しい物語だ。

午後、アーグラーを出発して次の訪問地ジャイプールへ向かった。到着するのにここでも6時間かかった。インドという国はどこへ行っても道が悪く、高速道路と言っても路面がデコボコなので車内で日記を書くこともままならなかった。ジャイプールへ向かう途中、アクバル大帝の幻の都ファテープル・シークリーを見学した。ここは「夏の宮殿」とも称されている。その後、悪路を何とかジャイプールに到着し旧市街へ行った。ジャイプールは七つの門を持つ城壁に囲まれた町で町並みは全てピンク一色に統一されて(実は赤みがかった土気色なのだが)別名ピンク・シティーと呼ばれているらしい。ここではまずジャンタル・マンタル(天文台)を見学した。この天文台には石造りの観測器が並んでいて建物も巨大な造りであった。次にそこから歩いて数分のところにあるインドでも有名な「風の宮殿」を訪れた。タージ・マハルが霧でその美しさを肌で感じることができなかったこともあるが、ここで私はインドへ来て初めて美しい建築物を見たと実感した。更に10分ほど歩いて今のマハラジャ(王様の意)が暮らすシティーパレス通称「月の宮殿」を見学した。ここには代々のマハラジャが使用していたとされる衣類や装飾品が数多く展示されていた。

この日は多くの場所を訪れた疲労と食べ飽きたインド料理のため、ぐったりとしてベッドに身をゆだねた。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network