<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜

(第4日目)
今日は旅行最終日、バンコクの老舗リゾート地パタヤに行くので滞在するホテルから直接出かけることができた。8時に出発して約2時間で目的地パタヤに到着した。このリゾート地は1960年ベトナム戦争帰休兵のための休養を目的として開かれた地である。その後行楽地として繁栄し、今では欧米人のアジアにおける代表的なビーチリゾートとして多くの人が訪れている。特に最近ではニューハーフのショーを見られる場所としてタイでも有名である。

 

我々はパタヤで車を降りて、ビーチ南のバリハイ桟橋からモーターボートで約45分かけて沖にある美しい孤島ラーン島に着いた。白い砂、澄んだ海が美しくパタヤから多くのツアー客が押し寄せ、マリンスポーツなどを楽しんでいた。ビーチには日本の海水浴場のように海の家が軒を連なり、まるで私が若い頃行った海水浴場の風景が思い出される。我々が行ったときには日本からもホストクラブの集団が慰安で来ていて、何か日本の海水浴場にいるようであった。ただみやげ物売りや三つ編みをしてくれる即席ドレッド屋さんが商売熱心なのかうろうろしているため、そうそうのんびりはできなかった。ともあれ半日この島で過ごし、パタヤには暗くなる前に戻った。

 

その後バンコクに帰った。通常だとバンコクの中心街に出て、ショッピングをしたり食事をしたりと楽しむところだが、今回ばかりはタイの騒乱のためやむを得ずホテルに戻った。そして一眠りした後夜、早川氏の友人達と近くの大きなショッピングセンターに食事に出かけた。この夜は4日間フルに動き回ったので早めに爆睡した。

(第5日目)
帰りの飛行機は朝7時過ぎのフライトのため、4時半に起床し眠気眼で空港に向かった。なんとか飛行機に乗ることができ、無事成田に向けて離陸した。

今回の旅はいろいろと問題があった時期での訪問だったので、当初はタイ行きそのものを慎重に考えた。しかし人間行きたいと思うときに行かないとなかなか次の訪問が難しくなる。それを思ってまわりの心配をよそにタイ行きを決定した。タイでは内紛がピークに達すると国王が登場し両者を諌めるというのが政変の納め方であったが、今回は国王が高齢であり、健康問題で仲裁に入ることができないことに加えて、その裏側には後継者にからむ問題があるため身動きがとれないようだ。タイに限らず世界の「王室」はその 権威が薄れているのが世界的傾向である。タイの王政もそんな中で生き残る道を模索しているように思えてならない。そういうことを思いながらのタイの旅であった。早くタイにも平和が訪れることを願ってやまない。

 

[ ↑ページトップへ ]


スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network