<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜

昨年の暮れから新年にかけて、南米大陸で最も興味のあったマチュピチュとナスカを訪問した。古代の空中都市マチュピチュ、大地に残る地上絵で知られるナスカ、そして、インカ帝国最大の都市であるクスコを訪れることができたのは大きな収穫であった。

最初に訪れたナスカはペルー南海岸の広大な砂漠に描かれたナスカの地上絵がことのほか有名である。巨大な鳥や動物の絵は、一体誰がなんの目的で描いたものであろうか、一説によると宇宙人が描いたという説や、星座や天体を表しているという学説が有力であるが、いまだその謎は解き明かされていない。しかしこの地上絵も年々風化が進んでおり、以前のようにはっきりとは見えなくなっているのが現状である。このまま風化の一途を辿れば、おそらく数十年先には幻のように地上から消え去っているのではないかと危倶されてならない。まさに古代大陸の神秘である。

次に訪れたのはインカが残した空中都市マチュピチュである。この空中都市は、スペイン軍に追われたインカ民族が逃げ延びて、標高2700メートルの山頂を切り拓いたという説が一般的である。しかし実際は、皇帝の政権をを巡るペルー一帯の民族紛争によって帝国を追われた部族が、次の移住地を求めてアンデス山頂に新天地を求めたというのが事実のようである。マチュピチュ一帯は水が豊富で雨量も多く、気温が安定した亜熱帯の気候で、まさに南米のリゾートとも言える風土である。かつては一万人が住んでいたという説があるが、水量や生活様式からみると実際は人口500人程度の小さな村であったことが予測されている。インカ民族は遊牧の民であり、常にアンデスの山々を移動しながら生活を営んでいた。インカの民族にとって太陽は最も崇高なものであり、太陽に近いことが最高の幸せであり、太陽を中心とした生活様式や都市作りをしていたのである。山の中腹に作られた段々畑や、急斜面に作られた遺跡の階段は、見る角度によってがらりとその表情を変え、その姿は幻想的ですらある。これこそが自然の本来の姿であると、自然医療を生涯のテーマとする私はことさら深い感動を覚えたのである。

次に向かったのは、町全体が世界遺産として登録されているインカ帝国の首都・クスコである。太陽を神とする古代都市クスコは、「へそ」という意味であり、世界の中心、宇宙へ通ずる道という意味が込められている。この都市は標高3360メートルの高地に造られているため空気が薄く、観光客が高山病で悩まされることでも有名である。クスコはインカの名残とスペインによる征服の足跡を刻む都市である。至るところに残されたスペイン風の建物がインカの遺跡と微妙なコントラストを描き、不思議な景観を保っている。日本の石垣とよく似た「石組」は、かみそりの刃一枚も通さない精密さで造られており、まるで日本の城や武家屋敷のようである。

ペルーという国はもともと非常に貧富の差が大きく、都市部に人口が集中しているが、万全のテロ対策による観光客の増加や3000に及ぶ学校設立など、フジモリ大統領の功績はいまだ国民に支持され復活を期待する声も多い。
今回、日本の裏側にある南米ペルーを訪ねたことは大きな収穫であった。インカを知ることが南米を知る手掛かりとなったことはもちろん、古代遺跡の中に、人類の叡智と自然医療の原点を垣間見ることができた貴重な旅であった。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network