<IMG SRC="titlebar.gif" width="590" BORDER=0>
ポーランド・ドイツの旅(5)〜東西ドイツ再統一後のベルリン〜

ドイツ連邦共和国(Federal Republic of Germany)
面積 35.7万平方キロメートル 人口 8,200万人 宗教 キリスト教 ユダヤ教
首都 ベルリン 民族 ゲルマン系を主体とするドイツ民族
外務省HP2010年10月現在基礎データより

<ドイツ編>

<第8日目>
今日は旅の最終日で夜の出発まで、時間があったので前日行ったベルリンの壁に関する施設を周ることにした。

 

まず、ベルリンの壁跡地を見学した。ここにはかつての東西冷戦時代の記録やベルリンの壁が一夜にして築かれたいきさつや崩壊までを1qに渡って、詳しくギャラリーように展示されていた。歴史の遺物となった壁を見事に再現されている。




 

次に壁の跡地から数十分のところにある壁博物館と国境検問所チェック・ポイント・チャーリー跡を訪れた。
壁博物館では1961年8月13日のベルリン閉鎖当時の市内の状況や東側から逃亡してきた時の方法などを展示物、パネル、写真で紹介していた。特に教会にあったビルの4階から飛び降りる子供や国境検問所から命からがら通過する人達の姿が映し出された写真には何か胸を打たれた。また逃亡に使われた実際の小型自動車や気球が展示されている。博物館を出て直ぐの所にチェック・ポイント・チャーリーがあり、付近には共産国やアメリカ兵に扮装した人達と写真を撮るために多くの人達が並んでいた。

 

 

昼食後ベルリンの壁記録センターに行った。ここは旧東ベルリンのベルナゥアー通りに面しており、多くの人達がこの壁を乗り越えて西へ逃げた人々が多く居たことで知られている。特に1ブロックが完全な形で当時のまま再現され保存されている。(写真9.再現された当時の壁と監視塔)(写真10.銃を構える国境兵士)

 

我々はベルナゥアー通りを挟んで向かい側に建つ資料館に入り展望台より全体の光景を見渡した。その後実際の壁に犠牲者の為に献花された数多くの花束を見て更に監視塔を外部より見た。

 

東西ドイツの再統一は1989年のベルリンの壁が崩壊して実現したが、はたしてこの国としては良かったのかどうか疑問を感じる。それは統合によって巨大な金額(総費用約1兆4千億ユーロ)が旧東ドイツ企業に補助金として支給されたからだ。その他産業・経済基盤の再構築費用や1600万人に福祉費用が支給された。その為再統一前の西ドイツの経済が傾き経済格差を起した。いかに再統一が難しいかということを改めて今回のベルリン訪問で強く感じた。しかしドイツ特に大都市ベルリンの復興は目覚しく、市内の主要通りには近代的な高層ビル群が建ち並び以前の暗かったイメージを一掃しているのが印象深かった。

 

今まで色々な国を訪れたが、今回のポーランド・ドイツの旅は私にとって最も歴史の重要さを教えてくれた旅行であった。その為か知らないが撮った写真がなんと1000枚を優に越していた。また機会があれば訪れたい国であることは間違いない。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network