<IMG SRC="titlebar.gif" width="590" BORDER=0>
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜

チュニジア共和国(Republic of Tunisia)
面積 163,610平方km 人口 1,033万人 宗教 イスラム教スンニ派/キリスト教/ユダヤ教
首都 チュニス 民族 アラブ人 その他 言語 アラビア語 フランス語
外務省HP2010年7月現在基礎データより

朝、例のごとく6時半のモーニングコールで起床し、8時にホテルを出発してスースのメディナ(旧市街)を訪れた。かつて要塞として使われたグランドモスクとメディナの中でも最古の建物リバトを見学した。

 

グランドモスクはアブラブ朝時代、アブル・アバス帝によって建立され、隣のリバトと共に港や兵器庫を守る要塞として使われた。その為メディナの端に造られて、リバトの塔から祈りの呼び掛けであるアザーンを市民にながしていた。ここはまさにモスクというより要塞や城壁という雰囲気である。リバト(塔)の上からは港やスースの街が一望でき圧巻であった。
次にモスクに隣接するメディナを散策した。

 


このメディナは他の町にあるメディナと違い割りと整然とした建物だ。散策の後、街一番のショッピングセンターで買い物をした。この街には日本人観光客が訪れるのか、店員が日本語で「こんにちは!何にしますか?」と話かけてくる。どうやらチュニジアの大学では外国語の1つとして日本語を教えているようだ。見学の後バスで1時間半かけて次の訪問地ナブールへ行った。

ナブールはオレンジと陶器の街でナブールの街に入るとオレンジを山盛りにした塔があり、そこにはとても綺麗な店屋さんが並んでいた。
その一角の陶器専門の工房ではアラブ独特の土焼きの民芸品や食器などが所狭しと並べられていた。




そこでラクダの形をしたお皿とコーヒーカップを購入した。ショッピングの後現地の若者達にチュニジアについて取材してみた。

一同は「チュニジアはいいところだし、生活しやすい」と話してくれたが、今となってはまったく逆の状況になってしまった感がある。

 

 

昼食はナブールの港にあるレストランでとった。炒めたピーマンや魚介類などをトマトソースで煮込んで卵を落としたオジャという料理を食べた。

 


しばし休憩ののちナブールからバスで1時間半かけ次の訪問地であるケルクアンに向かった。ここでは世界遺産に登録されているフェニキア遺跡とケルクアン遺跡を見学した。この遺跡はボン岬半島んい位置し、地中海に面して建てられたミクロポリスである。ポエニ時代のまま放置された遺構でフェニキア人の純粋な街の遺跡として類を見ない職人と商人の古代文明を垣間見ることができた。ここのカルタゴの豊穣の神タニトを現した白いモザイクが有名である。

見学の後、今回の旅行の出発点であったチュニスに向かったがそれがなんと約2時間以上かかってしまった。入国してまもなく見たチュニスは、北アフリカ屈指の大都市で、新市街はおしゃれなカフェやブテック、ホテルが建ち並びまるでヨーロッパを思わせる雰囲気が あった。



 

また街の西側の旧市街は昔ながらのアラブの町並みと建物があり、人が生活をしている様は、昔と今が混在していて、規律が保たれており、改めて戻ってくると、なるほど不思議な場であるなあと感じさせる都市である。
ともかく今回の旅行は移動が多く大変である。幸いなことに宿泊先エル・ムラディ・アフリカというメインストリーに位置するチュニス一の近代的高層ホテルであったので気分良く過ごすことができた。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network