Adobe Flash Player を取得
ミャンマーのの旅(3)

ミャンマー連邦共和国(Republic of the Union of Myanmar)
面積 68万平方キロメートル(日本の約1.8倍)人口 6,367万人(2012/13年,IMF推計)
首都 ネーピードー
言語 ミャンマー語
外務省HP平成26年5月1日現在基礎データより

(第4日目)

photo01.jpg 朝7時に起床して、身支度し朝食を済ませた。8時30分ホテルを出発して、ヤンゴン市外の北のシングッダヤの丘にあるシュエダゴォン・パヤーを訪れた。
以前、早川氏と一度訪れたところだったが、もう一度見学してみようと思った。


photo02.jpg4年ぶりにミャンマーのヤンゴンを訪れたせいか、全てのことが変わっているのには驚いた。経済制裁が解けたためか分らないが、市内だけでなくシュエダゴンパゴタ前の通りも大渋滞だった。
以前と違い、参道口から廊下を進むと、玄関があり靴を脱されて、すぐ階段で上がるのではなく、エスカレーターで上がっていくようになっていた。その点をガイドさんに確かめるとそれは違う参道口で、東西南北の参道口によって違っているとのことであった。


photo03.jpgともかくパゴタに入ると一面金色の世界だが、不思議とけばけばしい感じではなく、荘厳さに圧倒された。シュエダゴォン・パヤーは2500年以上の歴史を持つと言われるミャンマー最大の聖地。


photo04.jpgその壮大さ、豪華さはバチカンやメッカに匹敵すると思われるほどで、聖なる力に誘われて、国内外から多くの方が参拝に来るようだ。


photo05.jpg 特に今回は、生まれた曜日によってその人の性格や人生、他人との相性が決まるという祭壇を見て回った。自分の生まれた曜日でそれぞれお参りする場所がある。仏塔には必ずそれぞれの方角に8曜日の祭壇が建っていて、みんな自分の曜日の祭壇の前でお祈りをすることになっている。外国からの訪問者が増えたせいか、以前は無かった英語の曜日表記が付けられていた。


photo06.jpgシュエダゴォン・パヤーの必見スポットを見てから、巨大な寝仏で名高いチャウッターヂー・パヤーに行った。チャウッターヂー・パヤーはヤンゴンの中心部からバスで15〜20分ぐらいの住 宅街の奥にあり、周囲は僧院が沢山見られた。


このパゴダは他のパゴダとは違い、外見は素朴な僧院のように見えるが、中に入ると長さ70m高さ17mの巨大な寝釈迦仏像が祀られている。確かタイにも同じような涅槃像があったのを思い出し、タイに住む早川氏に聞いた。するとタイ・バンコクにある涅槃像は46メートルである、この涅槃像は並外れた大きさであるのに改めて驚かされた。

photo07.jpg photo08.jpg

顔は中々優美な表情をしているが、目元がパッチリ(まつげが付けているせいかも…!?)唇は真っ赤でどう見ても女性ではないかと思わせる。足の裏には仏教の宇宙観が表現されていた。
涅槃像見学の後、チャイニーズレストランで食事をしてから、ヤンゴンの市内見物をした。

photo09.jpg photo10.jpg photo11.jpg

先ずダウンタウンに行き庶民の日常の生活に触れてみることにした。どこへ行っても人人で混雑し歩くのもままならなかった。

photo12.jpg photo13.jpg

次にヤンゴン川が見渡せる港に行ってみた。港にはタンカー船や観光フェリーが停泊しており、その中には水上バスが何隻も忙しく働いていた。(写真.14 寄港するタンカー) (写真.15 水上バス)

photo14.jpg photo15.jpg

時間があったのでガイドさんに頼んで市内の中心にある地域を車で見物することにした。ヤンゴン市庁舎、ヤンゴン中央駅、白亜の独立記念碑、スーレー・パヤーなどを外観から観光した。(写真16. ヤンゴン市庁舎)(写真17. ヤンゴン中央駅)(写真18. 白亜の独立記念碑)(写真19.スーレー・パヤー)そしてその足で、最後の訪問地ボーヂョーアウンサン・マーケットに向かった。

photo16.jpg photo17.jpg photo18.jpg photo19.jpg

ここはヤンゴン最大のマーケットで市内のランドマーク的存在である。(写真20.立派な建築物のマーケット)建物は屋根付きの2階建で、貴金属、宝飾品、漆器、衣類、民芸品、骨董品、雑貨などを売る小店が軒を連ねている。中に入っていくと、金(ゴールド)やバッグ、土産物などのお店が整然と並んでいる。 (写真21.貴金属を売る店が立ち並ぶ)中央の通路は広いが、脇の通路は狭く、色々な物品が売られていた。ただ、どこの国にもみられる市場ではなく、完全に観光用のお土産市場だった。確かに活気はあったが、市民の生活の活気ではなく、観光客に金を沢山落としてもらうための活気であった。貴金属は買わないがクリニックの従業員や知り合いの人にあげるスカーフや ストールを沢山買い求めた。(写真22スカーフなどの反物を売る店) 夕方6時半に空港に到着しチェックインした後、早川氏は17時45分に国際線ロービーに入り、TG306便でタイへ向かった。私は21時45分のNA914便でヤンゴンを出発して成田空港へ向かった。

photo20.jpg photo21.jpg photo22.jpg

今回のミャンマーの旅は前回の旅と違い、世界的に貴重な仏教遺跡であるバカンを訪ねることが出来たのは幸運であった。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network