このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


スロベニア・クロアチアの旅(1) 〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜

スロベニア共和国(Republic of Slovenia)
面積 2万273平方km 人口 約200万人 首都 リュブリャナ 言語 スロベニア語
宗教 カトリック/イスラム教/セルビア正教/プロテスタント/その他
外務省HP2011年6月現在基礎データより

 
紀行文を書く前に皆さんにあまり馴染みのない今回訪れたスロバニアとクロアチアの2カ国の歴史的背景について簡単に記することにする。スロベニアもクロアチアも以前は旧ユーゴスラビアに属し、社会主義路線を歩んでいた。この時のチトー政権で共産主義体制をとりながら西側諸国との融和を図っていた。その後、1980年チトー大統領没後ユーゴスラビア内で経済格差が拡大したため両国を筆頭とする6つの構成共和国が次々に独立に動き、1989年以降スロベニアを初めとするクロアチア、ボスニアなどが独立を成していった。しかし、スロベニアは10日間の内戦の後、いち早く独立を成したため、経済的立ち直りが早く、2004年にはEUに加盟した国である。それに対してクロアチアはチトー氏を初め多くのクロアチア人がユーゴスラビア社会主義連邦共和国の政治の中枢に居たため、他民族のセルビア人に支配権を認めなかった。そのためセルビア人たちの不満が高まり、独立に対しクロアチア人との内戦が続き、なかなか独立が成されなかった。1992年正式にユーゴスラビアから独立したが、しかし、両民族の戦闘は長く1995年まで続けられた。現在クロアチアはEUの加盟を申請しているが、未だ多くの国民がEU加盟を躊躇しているのが現状である。その理由は長くユーゴスラビアに支配されていた経験から、EU加盟後ドイツ・フランスなどの大国に再び支配されることを嫌っていると現地の年配の男性が説明してくれた。今回はこの2カ国の他、ボスニア・ヘルツェゴビナに数時間であったが入ることが出来た。
日本のように遠く離れた国から見るとバルカン半島にある国の状況はなかなか現地に行かないと分からないということが今回の訪問で改めて感じた。

<第1日目>
成田発12:30ルフトハンザ715便で最初の経由地ミュンヘンに向かった。2時間後オーストリアのクラーツ空港に到着し、そこからバスに乗り継いで最終地スロバニアのブレットに夜12:30過ぎに到着した。あまりの長旅でグッタリして深い眠りに入った。

<第2日目>
朝9時にホテルを出発してブレッド湖の聖母被昇天教会とブレッド城を見学した。教会はブレッド湖の中に浮かぶ小島に造られ、バロック様式の教会で17世紀に造られた、教会内はヘンリック2世と妻クリンダの肖像が飾られていた。前のローマ法王が訪れ、この教会に鐘を寄贈し、鐘を鳴らすと願いが叶えられるということなので私もそれにあやかって鐘を何度も鳴らした。次に湖畔の断崖(約100mの高さ)の上に建つブレッド城を訪れた。城から観るブレッド湖のコバルトブルーの湖面やその周辺の山々の眺めは最高で、何度もカメラのシャッターを切った。昼食はマッシュルームスープと仔牛のステーキを食べた。





その後、バスで1時間20分かけヨーロッパ最大の規模を誇るポストイナの鍾乳洞に行った。スロバニアといえば鍾乳洞といわれるくらい有名で、毎年50万人以上の観光客を集めている。私も他の世界の有名な鍾乳洞を見ているがこれほどの大きな洞窟を見たことがない。トロッコ電車で一番奥まで行き、そこから2〜3q散策し、更にトロッコ電車に乗って帰るというもので出口までに約2時間近く掛かった。神秘的で時空を遥かにこえた自然の驚異は素晴らしく感動した。




特にこの洞窟に住む“類人魚”と呼ばれる肌色のホライモリ(Proteus Anguinus)を見られたのは運が良かった。洞窟を出てから絶壁の中に建つ洞窟城の外観を見てバスに戻った。更に1時間半かけて首都リュブリアナに向かった。




 

<第3日目>
スロベニアで最も綺麗な街と称されるリュブリャーナはルネッサンス、バロック、アールヌーヴォーなどの様式の建築物が建ち並ぶ風光明媚な芸術の都である。街の中心にあるプレシェーレノフ広場を拠点にして三本橋、フランシスコ会教会、旧市街、市庁舎などがあり、その周りに青空市場やブテック、カフェなどが散在し、散策するのには最高に楽しい場所である。





特にリュブリャニツァ川の遊覧はロマンチックでいろいろな家並みや街の有名建築物や橋などを見られるので歴史を知ることが出来る。同行者と青空市場や旧市街のお店などをショピングして塩、チョコレート、民芸品などのお土産品を楽しんだ。お昼は古城ホテルでワインテイスティングとスロベニア料理を堪能した。ワインの飲みすぎでほろ酔い加減のまま次の訪問地クロアチアザの首都ザグレブへ。






ザグレブはカプトルとグラデツというふたつの中世の都市が併合して作られた町で当時の町並や教会、美術館、博物館、劇場などが散在し、クロアチアの文化を知る上で欠くことの出来ない町である。この街の中心にあるイェラチッチ広場からミニトレインで16分程市内観光して、聖母被昇天大聖堂、聖マルコ教会(屋根に描かれた紋章が特徴)、ロトルシュチャク塔を入場見学した。途中、中世の民族衣装を纏った人たちと話したり、記念撮影をした。ホテルまでは市街を走るトラム(路面電車)を利用して帰った。今日は充実した1日であったせいか気分良く眠りにつけた。





[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network