<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜

〈5日目〉
いつもよりちょっと遅めのモーニングコールで起床し、8時にホテルを出発してサンクトペテルブルグ市内観光に出かけた。最近のサンクトペテルブルグは渋滞がひどく、観光者は朝早めに出発しないと支障があるようだ。

まず最初に金のドームと円柱の調和が美しいイサク聖堂を訪れた。この教会はロシア帝国の大聖堂では世界で最も大きな教会で、その規模は30階建てのビルに等しく市内のどこからでも見える程だ。次に訪れた宮殿広場は市の中心に位置し、帝政ロシア時代の豪奢な建物に囲まれている。午後にはエルミタージュ美術館を見るのでここでは宮殿の周囲を見るだけにし、西側の元老院広場を訪れた。この広場はロシア革命(十二月)後、反乱を起こした人々を記念してデカブリスト広場と改名された。その後ソ連崩壊直後に再度、元老院広場という名に戻されたようだ。広場の中心にあるピョートル大帝像の青銅の騎士はドイツ出身であったエカテリーナ2世によって建立されたという。

次に昔のクラシック調、バロック調、スタイルモダンなどがミックスした建物をバスの車窓から眺めて、かつて華やかしき時代のロシアを思い浮かべた。昼食は町の中心の古き伝統あるレストランでいただいた。午後からいよいよ今回のメイン中のメインであるエルミタージュ美術館を訪れた。芸術やファッションなどの専門家は誰しもあこがれる美術館で、ここに収蔵される展示物は320万点にものぼる。ヨーロッパの美術のみならずオリエント、中国など世界の遺物や美術品も多く展示され、400もある部屋全体が世界一流の美術品に満たされている。中でもレオナルド・ダ・ヴィンチの初期の作品である“リッタの聖母”など世界超一流の作品には驚嘆した。ただ私の想像だが、かなりのものが戦争の戦利品ではないだろうか。まさに英国の大英博物館を思い起こすものであった。美術品のみならず黄金の客間(王座の間)、黄金のクジャクの時計、ラファエロの回廊など数え上げれば切りがない程黄金の部屋が続き、私はビデオとカメラを撮るのに必死だった。ところがここで我々が2時間かけて見たのは全体の1/4にも達しないものでああやっと終わったと思いドアから出たらそこが冬の宮殿だった。そしてその一部を見学してさきほどの宮殿広場に出た。これは午前中に見学した宮殿広場の反対側に当たりその広さたるや美術館の反対側にある旧ロシア軍単参謀本部まで歩いて10分を有に要した。ここはモスクワ赤の広場よりもずっと巨大なのにはビックリ仰天した。今のロシアより偉大であったといっても良いかもしれない。夜はこのエルミタージュ美術館の別館にあるオペラ劇場<写真8>でオペラを見学した。今年はメチャクチャ暑かったので冷房のない劇場はとても暑く、汗を流しながらの観劇となった。

〈6日目〉
7時半にホテルを出発してバスで市内から南へ約25kmのエカテリーナ宮殿を訪れた。ここでは“宮殿の大広間”と“琥珀の間”が有名であった。黄金の大広間は撮影可能だったが私は写真をもう撮り疲れてしまった。琥珀の間は残念ながら撮影禁止であったが私は奥の手を使って隣の間との間の敷居からカメラを差し込んで数枚撮った。本物の写真としては珍しいものではないか。昼食は名物キエフ風チキンカツレツであったが、味はイマイチであった。午後から最後の訪問地ピョートル大帝夏の宮殿「ペテルゴーフ」を訪問した。この建設にあたってはフランス、イタリアをはじめ世界中から優秀な建築家が集められたという。しかし完成セレモニーが行なわれた1723年の2年後に彼は亡くなった。

 

ここは20kmも水が吹き上がる噴水やサムソン像を中心とした庭園はおそらく世界にも類を見ない美しさであろう。この庭園を見学して船着場に行く間、“いたずらの噴水”と言われる噴水が数ケ所ありそこを通ると急に水が出て観光客が水浸しになるのであった。それを見てあざ笑っていた私も最後のところで躓いた拍子に水浸しになってしまった。まったく間抜けな話である。ここからフェリーで1時間足らずでサンクトペテルブルグ中心街に戻ってこられた。ともかくサンクトペテルブルグは運河がすばらしく、船でクルージングしながら代表的なロシア建築を見られたのは一生の思い出となるであろう。

〈7日目〉
この日は朝遅めの出発であったため同行の4人とネフスキー大通りを歩いて有名な百貨店を訪れた。その帰り我々に物売り数人が近づいてきた。私はとっさに拒否して一人歩き出したが同行者の一人が何と5人組みに囲まれウエストポーチのファスナーが開けられ、現金20万とクレジットカードの入った財布が抜き取られるという事件が起こった。それも私の目の前で起こったのには唖然とした。そんな雰囲気の中、みんなで連れ立ってスーパーマーケットの最後の買い物を楽しんだ。最後に買おうと思っていたキャビアは高価で手が出ず他のものに変えざるを得なかった。今回は“自分の目で見た本当のロシアという国”が想像していたものと違うということに少なからず気がついた。ともかく、意義ある研修旅行となった。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network